オーストラリア、偽の収税吏が要求するBitcoinに警告

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

オーストラリア税務局(ATO)は、詐欺師が仮想通貨を巻き上げようとしていると警告した

昨年末から、詐欺師たちはオーストラリア国民に電話し、未払い税金を負担していると主張、ビットコインで支払うよう求めてきている。現在の報道によると、詐欺師には5万豪ドル(約39,400米ドル)以上が送金されているという。

第三者銀行口座への直接預金、iTunesカードまたはプリペイドVisaギフトカードによる支払いを要求しているため、仮想通貨について慎重にすべきだと、ATOは警告した。

ATOのウェブサイトによると、承認された支払い方法には、クレジットカードとデビットカード、銀行振込またはオンライン請求書支払いシステムBPAYが含まれているが、仮想通貨はこのリストに載っていない。

ATOのKath Anderson副委員長は、詐欺師が昨年より増えていることを指摘し、「詐欺師が仮想通貨を標的とすることは避けられないことだ」と述べた。

さらに彼女はこう続けた:

全てのやり取りは仮想通貨の中で行われ、一度詐欺師が支払いを受けてしまうと、それを元に戻すことは事実上不可能である。

税金請求について国民がATOに問い合わせることが出来るが、警察や法的措置を促すような電話は、ATOからのものではないという。

ここ数ヶ月間に世界中で数多くの似たような詐欺が発生している。最近カナダの警察は、カナダの歳入庁(カナダ歳入庁)と思わせる詐欺師が、未払い税金による逮捕を口実に脅していると警告した。そして、その被害額は340,000カナダドル(267,000ドル)にまで上った。

他の税金関連詐欺では、米国住民の退職金を”IRS承認済み”の仮想通貨に投資するように騙そうとする事案もあったという。商品先物取引委員会は、米国歳入庁は、退職金支払いのための投資を承認など一切していないと述べた。

Australia Warns of Fake ‘Tax Collectors’ Demanding Bitcoin