仮想通貨マーケットが下落し続ける中、Bitcoinは8.030ドルにまで下落

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Bitcoin(ビットコイン)の価格は、過去の24時間で9%以上下落した。これは約9.100ドルから8.030ドルに下落したためだ。先週4,000億ドルを記録した地域では活況を呈した仮想通貨市場だが、3360億ドルにまで下落している。

すべての仮想通貨が下落の一途

今回の事象はBitcoinに限定されず、EthereumBitcoin CashRippleCardanoLitecoinを含むすべての主要な仮想通貨は、Bitcoinと同様のレートで下落している。 Ethereumは日々10%の損失を記録したが、RippleとBitcoin Cashはともに9%をわずかに下回った結果だ。

一部のアナリストは、ニューヨークの第12代国会議員代表のキャロリン・マロニー(Carolyn Maloney)氏を含む米国側代表者と政府関係者が参加したICO聴聞会で、仮想通貨の値下がりが寄与していると指摘し、仮想通貨市場はバブルであると主張した。

米国側代表者は否定的なコメントとして、810億ドルの投資会社であるアリアンツ社が発表した報告書に基づき、Bitcoinには本質的価値がなく、したがって価格が下がる可能性も十分にあると主張している。 「我々の見解では、その本質的価値はゼロである。Bitcoinは、国債、株式、紙幣などとは対照的に、誰の債権でもなく、いかなる収入源も生み出さない」と同社のグローバル経済戦略担当責任者、ステファン・ホフリヒター(Stefan Hofrichter)氏は述べた。

しかし、CCNが報告したように、昔からある金融業界の専門家がしばしば持ち出す内在的な議論の欠点としては、仮想通貨とその技術の両方の専門家によって反論がなされている。

米国ICOの聴聞会、マントゴックスの売却、過去1ヶ月間の全体の市場実績、およびネガティブなマスコミ報道などが重なり、仮想通貨市場の下落の原因となっている。

現在メディアは、仮想通貨業界で進められている革新的な開発、特に日本や韓国のようなエリアでの仮想通貨の採用増加傾向は強まってはいない。先週CCNは、カピオトークの開発に焦点を当てカカオトーク、カカオペイ、カカオタクシー、カカオストーリー、ドナム(アップビット)を運営する韓国最大のインターネット複合企業であるカカオ(Kakao)について報道した。

実際にカカオは仮想通貨を統合し、12,000人の加盟店にアセットクラスを導入したという報告の後、2億人のカカオトークユーザー、および数百万のカカオペイとカカオタキシユーザーがリリースされた。そしてカカオは、Cardano創設者とEthereum共同設立者のチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏をソウルの本部に招待した。

Bitcoin、Ethereum、Cardano、およびLitecoinのオープンソース開発者コミュニティと他のブロックチェーンプロジェクトの進展に伴い、仮想通貨の採用が増加し、革新的な開発が行われているにもかかわらず、主要な仮想通貨価格に勢いがないため、Bitcoinが下落している。

回復の兆しはあるのか

3月14日時点でのBitcoin価格は7.000ドルと大きく下落し、さらに8.030ドルを下回ると、今週最高値の11,400ドルから短期間で7.000ドルにまで下落する可能性がある。

多くの仮想通貨アナリストは、少なくとも2018年の夏には、Bitcoinが中期的に回復する可能性があると全会一致で同意しているが、ほとんどの仮想通貨価格は短期間で急上昇するとは考えられない。

Bitcoin Drops to $8,030 as Cryptocurrency Market Continues to Slump