フォークしないことを保証する? 新たな暗号通貨がコード分割に抵抗することを声高に宣伝

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

まもなく発売される暗号通貨を陰で支えるチームが、その暗号通貨はフォーク不可能だという注目すべき主張をしている。

本日発表されたHederaは、ソフトウェア会社のSwirldが開発した分散型台帳Hashgraph上に作られた公開ネットワークで、既に何社かのクライアント企業向けに台帳を独自にカスタマイズして展開している。

ネットワーク運用主体のHedera Hashgraphは1月に行ったまだ名前が付いていないトークンの非公開セールで1,800万ドルを集めた。同社によるとこのセールは全供給量の20%以下に相当する。

ブロックチェーンとは異なる方式のHashgraphは、ビットコインを保護するプルーフ・オブ・ワークの仕組みや、銀行や企業が実験を続けている承認されたシステムよりも、安全で拡張性があり「公平」だ、と宣伝されている。Hederaの作者は、Hederaは少額決済、分散ファイル保管、スマートコントラクトのサポートを容易にする、としている。

そして著名なユーザーMZが加わった。彼は以前Machine Zoneと呼ばれ、Mobile Strikeのような人気のアプリを作成したゲーム開発者だが、このプロトコルをベースに分散アプリケーションを開発する、と述べた。

しかしHederaに関してもっとも衝撃的なのは、他の部分はオープンなネットワークであるのに、コードベースはオープンソースではなく特許を取得したものを利用していることだ。

そのコードはレビュー可能な形で公開されており、開発者はネットワーク上でライセンスなしで自由にアプリケーションを作成できる一方で、Hederaの運用主体は特許を主張することで、コードベースをコピーしたり競合するプラットフォームや関連通貨を作成したりするのを防ぐことになる、と述べている。

Swirlds社の共同創設者でCEOのMance Harmon氏はこの状況を「安定した透明性」と呼んでいる。

「私たちのプラットフォームは決してフォークしないことを保証します」Harmon氏はCoinDeskにこのように述べ、続けて「永遠に一つのプラットフォームの基で一つの暗号通貨」であり続ける、と述べた。

フォークすることは暗号通貨関係者からは肯定的に捉えられているが、特定のプロジェクトが自分の道を行くこと(もちろん時としてオリジナルのトークンを持っている人にただで資金が与えられること)を快く思わない人も出てくるので、「私たちはフォークすることは市場から受け入れられることを妨げるものだと見ています」とHarmon氏は述べた。

Hederaのホワイトペーパーはその論理的根拠を次のように説明している:

ビットコインやイーサリアムが経験してきたハードフォークはほぼ間違いなく対応する暗号通貨のネットワーク効果にダメージを与えて、市場に混乱と不確定性を作り出してきた。同様にアルトコインの急増(とその多くが正当性と価値の点で怪しまれていること)は、暗号通貨の採用を検討している企業や個人に対して必要な信頼を生み出していない。

Harmon氏によると、Swirlds社はネットワーク技術で特許を取得しているが、運用主体のHedera Hashgraphに公開ネットワークで使えるように永久ライセンスを与えている、とのことだ。

Visaをモデルにしている?

通常の公開ネットワークと異なる点としては他に、Hederaの実際の管理プロセスが特定の当事者だけに権限を与えている、あるいは限定している、ということがある。

ホワイトペーパーによると、Hedera Hashgraphは39の「既知の信頼できる団体」で構成され、その団体全体でネットワークトークンの3分の2を所有している、とのことだ。

Swirlds社は39の団体の一つで、広報担当の話では今後数週間で他の団体名も発表されるとのことだ。その中にはヘルスケア、メディア、法律関連団体の他に銀行も含まれる、とHarmon氏は述べた。

「目標はどの団体もネットワークに与える影響がほかの団体と比べて大きかったり小さかったりしないようにすることです」Harmon氏はこのように述べた。39の団体はすべて「同じレベル」にある、と彼は説明する。

そのモデルとなったのは、1968年にDee Hock氏がNational BankAmericard、現在のVisaを作り出すのに使った管理組織だ。これもまた通常のサイファーパンクからひらめきを受けたものではない。ホワイトペーパーによると統治主体はマネーサプライを制御しコードベースの変更を管理することになっている。

No-Fork Guarantee? New Cryptocurrency Touts Resistance to Code Splits