報告書:韓国の規制当局、ICO禁止措置の取消を検討

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

韓国の規制当局は、ICO(新規仮想通貨公開)の資金調達を全面禁止にしてから約6カ月後、特定の条件下でICOを許可することを計画中と伝えられている。

韓国の金融監督当局と監視当局は詐欺に対する懸念を踏まえ、投資家を守るための最終手段として2017年9月下旬に最初の禁止令を出した。制限措置は、当月初めの新規仮想通貨公開に対する中国自身の全面的禁止の数週間以内に発令された。しかし、韓国の有名出版物による新しい報告書では、韓国の金融当局が国内投資家にICOを許可する計画を策定していると記載されていた。

コリア・タイムズ紙は匿名の情報源として、新規仮想通貨公開を特定の条件の下で許可する準備をしている金融当局間の議論について報道している。

その議論に関して詳しい出版社は、以下のように述べている。

金融当局は、特定の条件が満たされた場合に韓国内のICOを許可する計画について、国の税務署、司法省、その他の関連する官庁と連絡を取り合っている

韓国の暗号通貨とその使用者の現在の規制環境は、12月以降広く噂されている国内の禁止措置とは明らかに異なる。政府はその後匿名の暗号通貨取引を禁止したが、ここ数週間は奨励する姿勢をとっている。そうした事情を通じて国内の資金調達モデルを廃止したにもかかわらず、韓国当局は海外ICOへの投資は投資家に禁じてはいませんでした。

韓国の主要な金融規制当局で暗号通貨取引政策担当のカン・ヨンス金融監督管理委員会(FSC)首席秘書官は、国内投資家や企業がICOに参加することをまだ認めたわけではないと明かした。

この出版物誌上では「ICOを許可する可能性について多くの推測がある」と、当局者は述べている。 「FSCは、この問題に関する第三者の見解を認めているが、現時点で正式に言えることは何もない」

このニュースは、「一般国民」には十分な情報を知らさないまま機関投資家がICOの資金調達に参加することを許可するだけであれば、それは禁止措置への後戻りになるいう金正容(キム・ヨンボム)FSC財務副長官の前回の発言続いて伝えられたものだ。しかし、今日の報告書では、国内の産業界と一般投資家の両方がICOに参加できるようにルールを緩和できると示唆している。

South Korea Regulators Considering Reversal of ICO Ban: Report