ICO、ワシントンを訪問:議会が仮想通貨について話し合う際に期待すること

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨は水曜日、米国国会議事堂に帰ってくる

3月14日、米国下院金融サービス委員会の小委員会は、「仮想通貨およびICO市場調査」と題する聴聞会を開くこととなっている。聴聞会としては、証券取引委員会(SEC)や世界の規制当局のような機関にに照準を合わせ、コイン・オファリング(ICO)の問題に具体的に取り組むことになるのは初めてのことである。

キャピタル・マーケットや証券および投資小委員会のメンバーの一部の声明によると、審議の大部分は、いわゆる教育的なものになるだろうと示唆している。先週のCoinDeskとの会談で、米議員のTom Emmer氏は、出席者の中に仮想通貨とトークン販売についてさらに知識を深めると述べていたという。

先週行われたワシントンDCブロックチェーンサミットの傍観者とのインタビューで同氏は、「これはもっと基本的なものになると思う」と述べ、さらに「彼らが、事の深さや幅を”まだ”理解しているとは思わない」と続けた。

その他にも、Emmer氏が強調した議論に向けた「欲求」についてもコメントがなされた。

さらにRandy Hultgren氏は、CoinDeskの声明において、ICOに関連する投資家保護について話したいという願望を表明した。

「仮想通貨市場が金融市場に新たな機会を提供する可能性があることについて、議論することを楽しみにしている。具体的には、クレジットへのアクセスと投資家保護のバランスをどのように調整するかや、ICOに関連する投資家保護について議論することに興味がある。

と述べた。

過去に公表された証人リストでは、聴聞会の情報を確実に強固なものとしている。登壇するのは、ジョージタウン大学の法学部教授であるChris Brummer博士である。 Coinbaseの法務責任者であるMike Lempres氏、非営利団体のCoin Centerの研究責任者であるPeter Van Valkenburgh氏、 非営利団体のCoin Centerのリサーチディレクターで Wilson Sonsini Goodrich&RosatiのパートナーであるRobert Rosenblum氏が挙げられている。

議会で挙げられた法律専門知識の程度について、議論は特にトークンを有価証券として分類する問題について、規制上の話題を中心に展開される可能性があるという。

最近の議会の進出について

この聴聞会というのは、2月の米国証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(SEC)双方の指導者から米国の上院銀行・住宅・都市問題委員会が聞いてから1ヵ月後に提供される暗号通貨の話題に関する米国の議員の最新で重要な集まりを表している。

このイベントは、SECのJay Clayton氏とCFTCのJ. Christopher Giancarlo氏が、より多くの仮想通貨市場を各代理店がカバーできるように、その管轄区域を拡大しようと努力していることについて焦点を当てている。

しかし、両代理店長は、投資家保護と起こりうる詐欺の対応をおろそかにすることなく、技術に対して適切な環境を提供したいと述べた。

「現代の新しい世代にとって、仮想通貨の熱気を尊重することは、慎重でバランスのとれた対応であり、否定的なものではない。」と、Giancarlo氏は述べている。

議会はまた、仮想通貨に関するいくつかの法案を提出しており、政治的には長期的な成功は必ずしも確実とはいえないが、議会議員が連邦レベルの監視を強化するために仮想通貨とテロの資金調達の関係性を研究するという提案を検討している。

2月に行われた上院聴聞会後、2つの下院小委員会がブロックチェーンについての聴聞会を開催した。これは規制についての話題から大きく外れていたが、議員が技術についてより深く学ぶためのプラットフォームとなった。

What to Expect When Congress Talks ICOs