暗号通貨の市場規模は3,800億ドルで足踏み、ビットコインは回復基調か?

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコインイーサリアムリップルビットコイン・キャッシュを含む主要な暗号通貨は3,400億から4,800億ドルの間で値動きを続けており、今週の暗号通貨市場は激しく変化している。

ビットコインは回復基調にあるのか?

今日3月11日に、暗号通貨市場は3,500億ドル以下の水準に落ち込んだ後、わずかな回復を見せた。つまり、ビットコインは8,320ドルに下落、イーサリアムの価格も過去最高値1,400ドルを大幅に下回る637ドルに落ち込んだ。

ビットコインの日々の取引量は、50億ドル市場の地域では数日連続して比較的低い水準にとどまっている。世界最大の暗号通貨取引プラットフォームの多くのトレーダーが暗号通貨のリスクヘッジのためにテザー(Tether)を利用していることを考えると、1:1の比率で米ドルに裏付けされている暗号通貨のテザーの巨大な取引量は、市場の激しい値動きから来るものだと考えることができる。

報道された時点では、テザーの日々の取引量は、ライトコイン(Litecoin)の4倍近く、イーサリアムを8億ドルを上回る23億ドルにとどまっている。

暗号通貨投資家とアナリストからなるクリプトランド(Crypto Rand)は、ビットコインの 「惨憺たる成績」がビットコイン投資家に対して投資する機会を知らせていると述べている。過去6年間の劇的な販売量の急増に伴い、ビットコインははっきりした調整局面から回復し続けてきた。

たとえば、2016年12月には、ビットコインの価格は販売数量が増えるにつれて800ドルを下回った。しかし、2017年初頭、ビットコインの価格は4,000ドルに上昇し、最終的に年内で19,000ドルを達成した。

また、ビットコインや他の主要な暗号通貨の価格が激しく変動する主な要因を考えることも大事だ。マウント・ゴックス売却がその要因であると言う者もいる。 ゴックス・ビットコインは、15億ドル以上の価値があり市場回復のを妨げとなっている。

もしゴックス・ビットコイン売却が暗号通貨市場が落ち込む原因だったとするなら、短期間に価格の落ち込みが止まるとすると、市場に数百万ドル相当のビットコインが公開市場に流出し、暗号通貨市場はその影響を受けることはない。

販売数量が減少して主要な暗号通貨の需要が再び増加し、需要の増加がマウント・ゴックス売却の停止が同時に発生すれば、現在のトレンドからするとビットコインの価格は2018年1月の水準まで回復する可能性が高い。

イーサリアムと代替暗号通貨

価格変動期間においては、ビットコインは他の主要な暗号通貨および小規模のトークンを上回る傾向がある。この24時間で、イーサの価格が4%近く下がったのに対し、ビットコインはわずか2%低下しただけだ。

3月10日に大規模な利益を記録したイオス(EOS)トロン(Tron)のようなトークンも、イーサリアムの値動きに従って約4%下落した。

ビニー・リンハム氏(Vinny Lingham)のような投資家の中には、イーサリアムが過去数週間の間にビットコインよりも大幅に悪化したことを考えると、イーサ(Ether)の価格が短期的にビットコインを上回ると予想しているが、投資家の大部分は他の資産を検討する前にビットコイン取引を検討するだろう。

Cryptocurrency Market Stalls at $380 Billion, is Bitcoin Ready to Climb Up?