Petroのプリセールで50億ドル集めたとベネズエラ大統領が主張

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領が、石油を裏付けとする同国の暗号通貨Petro(PTR)のプリセールで50億ドルを集め、取引成立が認められた注文件数は18万6000件を記録したと述べたことを、現地のテレビ局TeleSURが伝えた。この発言はカラカスで開かれたベネズエラ統一社会党のメンバーによる会合の場でなされたものだ。

会合の中でマドゥロ大統領は、Petroのプリセールで集めた資金は「我が国が必要とするあらゆるものにサービスを提供する」ために利用する、と説明した。集まった資金は同大統領の言葉に従ってベネズエラ政府がまとめ上げる幅広い「経済的ソリューション」の一部となる。

さらに、ベネズエラの暗号通貨最高責任者であるCarlos Vargas氏は127カ国の8万3000人以上の個人がPetroを購入しようと試みたことを明らかにした。そのうちの3,523人は起業家だった。CCNが以前伝えたとおり、Petroのトークンセールに17万1000人が登録し、マドゥロ大統領はたったの一日で7億3500万ドルを集めたと主張していた。

Petroはアメリカによる経済制裁を回避する手段として作り出されたが、一方でベネズエラは激しい不況に取り組んでおり、そのため国民は暗号通貨に頼って何とかやっていかざるを得ない状況だ。マドゥロ大統領の言葉はPetroのプリセールスが大成功を収めたことを示しているようだが、そのことを指摘する証拠は無いに等しい。

ベネズエラ政府が所有すると考えられているNEMウォレットは同国大統領が命令した1億Petroをまだ流通させていない。それにも関わらずマドゥロ大統領は先日、Petroは同国の「貨幣主権」を強化することを目指しており、その一方でPetroは同国が「金融取引を実施し経済封鎖を打開する」手助けとなる、と述べた。

論争に包まれるPetro

Petroは一歩前進している、とマドゥロ大統領が述べる一方で、ベネズエラの国会議員の何人かは見たところそれに同意していないようだ。野党が多数を占める同国の立法府は、Petroの売却は同国の石油備蓄を抵当とする「違法かつ違憲な」手段だ、と発言した。同国の国民議会はPetroを詐欺行為だと非難し、Petroを購入することは危険な投資だ主張した。

その一方で中国の信用格付け会社最大手のDagong社は、Petroは「世界規模の通貨システムを促進するものだ」と述べた。Petroの採用を支えるためマドゥロ大統領は同国の航空会社に対し、チケット購入の際にPetroや他の暗号通貨での決済を引き受けるよう命令した。

議論はあるものの、ベネズエラは同国の外貨発給プラットフォームであるDicomを介して民間企業に対しPetroを競売にかけることになっている。先月マドゥロ大統領は貴金属を裏付けとするPetro Goldを「来週にも」立ち上げる予定だ、と述べている

Venezuelan President Claims Petro Pre-Sale Raked in $5 Billion