ビットコイン、$9,000まで下落 1ヶ月振りの暗号通貨値下がりの影響

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコインは20日振りに安値で取引されています。記事執筆時点で、世界最大の暗号通貨であるビットコインは、木曜日から下落が金曜日の取引期間中まで続いており、500ドル近い値下がりは4:00(協定世界時)頃始まり、4:30には9,000ドルから、日間最低値となった8,587ドルまで落ち込んだ、とコインデスクのBitocoin Price Indexは伝えています。現時点ではわずかに回復がみられ、8,741ドルで取引されています。

この価格下落は、木曜日にみられた同様の展開に続くもので、その際は10,000ドル前後に落ち着いていた最初の取引から、9,000ドルまで値下がりしました。ビットコインは、11,767ドルという最近の高値を記録した2月20日の取引から、37%ダウンの3週間振りの安値ということになります。

同様に暗号通貨市場の資本総額も、2月18日に5億1,800万ドルの値をつけた最近の高値から47%下がった、3億5,200万ドルという月間最安値を記録しています。このデータはCoinMarketCapによるものです。

実際、上位20種の暗号通貨の取引高は、記事執筆時点で、どれも10~20%の大幅な下落を見せています。