来週の聴聞会で新規仮想通貨公開を議論する米議会

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

米国下院金融サービス委員会の小委員会は、暗号通貨と新規仮想通貨公開(ICO)で公聴会を来週開く予定だ

委員会のウェブサイトに掲載された通知書によれば、資本市場、証券、投資小委員会の聴聞会「暗号通貨とICOマーケティング」は3月14日午前10時(米国東部標準時) に予定されている。

今週のDC ブロックチェーン・サミットの分科会であるコインデスク(CoinDesk)との協議において、小委員会のメンバーであるトム・エマー米国議会議員(Tom Emmer)は、公聴会は基本的にに教育目的であり、会員に暗号通貨とトークンセール市場に関する詳しい情報を提供することを目的としている。

また彼は、金融サービス委員会の会員の中には、送金などの分野への技術の応用とおよび暗号通貨についてのより深い学習への関心が高まっていることも指摘した。

銀行取引、住宅、都市問題担当上級委員会が証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン(Jay Clayton)会長と商品先物取引委員会委員長(CFTC)のJ.クリストファー・ジャンカルロ会長(J. Christopher Giancarlo)からの証言を含む主要な聴聞会開催後1ヶ月に、聴聞会は最近の議会の暗号通貨業界への進出を現している。その聴聞会で、両者は、それぞれの機関が最終的に市場への追加的な監督権限を要求できることを明らかにした。

記者会見の時点で、聴聞会に関する詳細は公表されていない。証人として参加する人物と聴聞会の概要をまとめた議題については追って公表される。

US Congress to Discuss ICOs in Hearing Next Week