日本の金融監督当局による7つの仮想通貨取引所への処罰

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

日本の当局は、2つの取引所に対する1ヶ月間の営業停止を含む、7つの国内の仮想通貨取引所への処罰を行いました

金融監督当局と監視機関である日本の金融庁(FSA)は、サイバーセキュリティ対応の遅れ、マネーロンダリング措置が不十分であることを理由に、仮想通貨取引所を処罰しました。FSHOとBit Stationの2つの取引所は、今後1か月間の事業休止命令という最も厳しい処置を受けています。

FSAの金融検査により、BitStationのスタッフが、個人的な取引のために顧客のビットコインを流用していることが発覚しました。 FSAは、疑わしい取引に対する通知を行わないまま、高額な仮想通貨取引が行われたケースがあったと述べています。

今年のNEMの盗難で5億3000万ドルを失った東京の取引所であるCoincheck、GMO Coin、Bicrements、Mr. Exchange、Tech Bureauの5つの取引所がFSAの金融検査を受けています。

適切な内部監査システムがなく、セキュリティ対策が脆弱であることから、7つの取引所すべてが検査されています。 7つの取引所のうち2つ、Tech BureauとCMO Coinは、検査により日本での取引を許可されました。

また、インターネット関連会社GMOの仮想通貨取引に対する立入検査では、当局はシステム障害の多さを指摘し、再発防止を求めています。

FSAは、1月下旬、Coincheckへの不正侵入の直後に取引所の検査を開始し、東京に本拠地を置く取引所に対し、信頼できる安全な取引を確実に行えるよう求めました。Coinincheckは2月にこうした通知を受け、3月22日までに改善計画を提出すると述べています。

FSAの金融検査によって、顧客保護とマネーロンダリング対策に対して多くの問題点が発覚しました。Coincheckに起きたような不正侵入が繰り返されることが懸念されています。当初FSAは取引やシステム管理の監視強化に重点を置いていましたが、現在はコーポレートガバナンスや経営体制を含めた大きな問題の解決に力を注いでいます。

Japan’s Financial Regulator Cracks Whip at 7 Cryptocurrency Exchanges