ベネズエラ、仮想通過ペトロを外為プラットフォームで競売を開始する予定

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ベネズエラの副大統領のタレク・エル・アイサミ(Tareck El Aissami)氏によると、石油に裏打ちされた仮想通貨のペトロ(PTR)は、「残り数週間で」同国のディコム外国為替プラットフォームを通じて民間企業に競売されるようです

エル・アイサミ氏は、ペトロが競売にかけられると述べ、企業は原材料の輸入代金を支払う際にこの仮想通貨を使用することができると付け加えました。

彼は次のように述べました:

「ペトロは、ドルを上回る強力な国際通貨になるだろう」

副大統領はさらに、地方銀行に対し、3月20日に終了する予定のプリセール期間中の割引でペトロを購入するよう呼びかけました。「ペトロは現在、ドル、ユーロ、またはその他の通貨で購入でき、銀行が将来資産としてペトロを保有する可能性がある」と彼は付け加えました。

ベネズエラのペトロは、CCNが以前レポートしたように、国内が今までで最も深刻な景気後退に見舞われている中で、米国の制裁を回避するためにペトロは立ち上げられました。同国の大統領ニコラス・マドゥロ(Nicolás Maduro)氏は、トークンの売却は171,000件以上の事前登録を受けており、すでに売却額は7億3500万ドルを超えていると主張しています。このベネズエラの指導者は、この仮想通貨の採択を強化するために、国有企業と国の航空会社に仮想通貨を受け入れるよう命令しました。

ベネズエラの反対派議会は、ペトロ・トークンの売却が、石油埋蔵量を抵当権にしているので「違法かつ違憲な」手段であると主張しています。国の国会は最近、この仮想通貨を詐欺や潜在的な投資家への脅威と非難しています。

一方、中国のクレジット大手のDagongは、ペトロが「世界の通貨システムに役立つかもしれない」と主張しました。

ベネズエラのディコム外国為替取引所

ベネズエラの外為プラットフォームであるディコム(Dicom)は、政府が外国通貨をオークションする会場です。 Finance Magnatesによれば、この会場は2017年5月に最初に作られたもので、1米ドルは2,200ボリバルで取引されていました。 6月までに、レートは1米ドル当たり2,640ボリバルに急上昇しました。

9月には、外国通貨供給の不足のためにプラットフォームが一時的に停止しました。その後、1米ドル当たり3,345ボリバルのレートで再開されました。今年の初めに、この金利は1米ドル当たり2万5千ボリバルに急上昇し、闇市場では1ドルは22万8000ボリバルとなりました。

このプラットフォームでは、ユーザーは、ベネズエラで営業することを許可された銀行の外国通貨建ての口座をシステムに登録した後、利用することができます。レポートによると、ディコムは現在58万人のユーザーを抱えています。

Venezuela to Auction Petro via Its Dicom Foreign Exchange Platform