大手取引所Binance、ハッキング疑惑により一時出金停止に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

大手取引所Binanceがハッキングされた疑惑によって一時出金停止になりました

しかし、実際にはBinanceがハッキングされたわけではなく、フィッシングサイト(Binanceに似た偽物のサイト)に登録してしまったアカウントから情報を抜き取り、アルトコインを売ったということです

具体的な手口としては、Binanceでbot取引(自動売買)を行っている人のAPIキーを操作したようです。つまり、Binance自体のプラットフォームが攻撃されたわけではありません。

この問題を受け、Binanceはすぐに全通貨の出金を停止しました

また、Binance CEOであるChangpeng Zhaos氏はTwitter上で、

すべての資金は安全です。取引活動には不正があり、自動警報が発生しました。 一部のアカウントは、以前からフィッシング詐欺によって侵害されている可能性があります。 まだまだ調べています。 すべての資金は安全です。

我々は、不規則な取引をローカライズした、彼らは逆の状況になります。 迅速な警報のおかげで、すべての資金は安全です。 アカウントをフィッシング詐欺から保護する方法を学んでください。

と発言し、ユーザーの資金は安全であることを強調しました。

その後、

Binance は、すべての不規則な取引を逆転しています。 すべての預金、取引、出金が再開されます。 すぐに何が起こったかのより詳細なアカウントを記述します。興味深いことに、ハッカーは、この試みの間にコインを失った。 我々は Binance 慈善団体にこれを寄付します。

とし、ユーザーは資金を盗まれることなく再び利用可能になりました。

Twitterなどのソーシャルメディアでは、Binanceの迅速な対応力が評価されており、取引所の信頼につながると予想されます