ベネズエラの議員が暗号通貨ペトロを違法と宣言

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ベネズエラの対立する2つの議会のうちのひとつが、国営の暗号通貨の発行が国内法の下では違法であると裁定している

ベネズエラのアサムブレア・ナシオナル党(Asamblea Nacional)は、ニコラス・マドゥロ大統領とその政策に対抗している政治家のグループで、暗号通貨は詐欺だけでなく潜在的な投資家に対する脅威であると非難した過激なレトリックを用いて、石油の暗号通貨が違憲だと火曜日に明言した。

公式声明では、同グループのメンバーは、すでに7億3,500万ドルを調達していると言われているこの新規仮想通貨公開に対して激怒し、国家で進行中の政治危機の症状そのものであると主張している。

問題なのは、企業と退職者のアカウントは、発行された場合、国家がブロックチェーンベースの決済方式を初めて発行したことを証明する暗号通貨を受け入れる必要があるという政府の主張なのだと野党側が議会で発言している。

しかし、歴史的な経緯から見て、議員メンバーは腐敗した政府が国民の懐から資金を引っ張るための餌として石油資源を考えていた。近年、ベネズエラは高い失業率とインフレにより混乱の渦中にある。ニューヨークタイムズ紙が報道したように、この時期には、マドゥロ大統領によって作成された国家構成派組合(ANC)と呼ばれる競争立法府が導入された。

反対にANCは、西側諸国による有害な制裁を回避するための「反乱行為」として、石油の発行をはっきりと支持している。

予算、公的信用、金融、通貨および為替政策を担当する経済財政委員会の委員長を務めるラファエル・グズマン代表(Rafael Guzman)の意見は、この一件で最も多く引用された。

彼は声明でこう述べた。

「このことは我々がさらされている危機を深めるものだ。PTRは新たな腐敗の一例であり、我々はこの危機から脱するため、この議会で取り決めた措置を発表する」

コインデスク(CoinDesk)が伝えたところによると、ベネズエラ人は、政府が保証した暗号通貨をすぐに利用できるようになるという意見を巡り、マドゥロ大統領が主導した決定に反発して党派ごとに分裂している。

Venezuelan Lawmakers Declare Petro Crypto Illegal