りそな銀行などがリップルの分散型元帳技術(DLT)を搭載したスマホアプリによる取引サービスを今年秋に開始予定

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

日本のSBIネット住信銀行、スルガ銀行、りそな銀行などは、今年秋に新しいスマートフォンアプリケーションを投入すると発表しました。これはリップルの分散型元帳技術(DLT)を搭載したMoneyTapと呼ばれるものです

リップルは、この新しいアプリケーションにより、3つの銀行の顧客は、毎日24時間の国内取引を開始できると述べました。さらに、銀行口座か電話番号を使用するか、またはQRコードをスキャンすることにより、従来の銀行振込で通常課される時間制限なしにインスタントな取引を行うことができると記載されています。

現在、SBIリップルアジアが率いる日本銀行コンソーシアムの全メンバーが、この製品の初期テスト段階に入っているようです。この発表によれば、スマートフォンサービスは今年後半に開始され、コンソーシアムの日本の他の61の銀行メンバーに展開される予定です。

SBIリップルアジアは、リップルと日本の金融大手SBIホールディングスが共同で立ち上げた事業体で、ブロックチェーンによる送金を消費者に提供しており、このニュースは、銀行間のクロスボーダー取引(国際間取引)の探求に続くこの共同事業体の最新の動きとなります。

CoinDeskの報告によると、SBIリップルアジアは、日本と韓国の金融機関間でトランザクションを送信する際にリップルのDLTシステムを使用するブロックチェーンのパイロット版を既に開始しています。最近では、韓国のウリィ(Woori)銀行は、海外取引を行う際にリップルの決済システム製品をトライアルした世界的な機関の1つになっています。

リップル・XRP・Rippleはマイニングの仕方に特徴のある通貨です。リップルコインを手にするには採掘をするのではなく、「World Community Grid」というガンなどの研究開発に貢献することでXRPがもらえる仕組みです。

Japanese Banks to Harness Ripple DLT for Consumer Payments App – CoinDesk