中国のブロックチェーンには集中管理されたプラットフォームが必要:中国の規制当局は、ソーシャルメディアにおける仮想通貨取引を制限(現地レポート)

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国の最高金融規制当局の関係者は、ブロックチェーンは中央集中型システム上に構築された場合、より効果的に機能すると考えていると述べました

また、中国証券監督管理委員会(CSRC)の情報センター長であるZhang Ye氏は、中国政府がブロックチェーン技術の開発に「大きな関心」を持つべきと述べています。

Zhang氏は、国家メディア・アウトレット・セキュリティーズ・タイムズ(Securities Times)とのインタビューの中でこのような発言をした一方で、集中型システム上にブロックチェーンを構築するには未だ技術開発が必要としています。

「ブロックチェーンの完全な分散型システム化は、ブロックチェーン自体がソフトウェアであり、ソフトウェアを集中管理する必要があるため、技術的な観点からは有効ではありません。集中型システム上に分散システムを構築するには、さらなる検討が必要です。」

規制当局者は、一部のブロックチェーンアプリケーションでは分権化が必要な場合があるとしていますが、この可能性は限定的であり、アプリケーションの集中化を避けるべきかどうかについて詳しくは触れていません。

「確かに、一部のアプリケーションを分散化する必要がありますが、すべてのシステムを分散化する必要があるかどうかは、慎重に検討する必要があります。」

Zhang氏のコメントは、中国がブロックチェーン技術の利点をどのように活用するか、またシステムの基盤となるインフラの管理に取り組んでいる最新の証拠と言えます。

先月、国営メディアのPeople’s Dailyは、かつては活気に満ちた市場にほとんど残っていない仮想通貨を政府が摘発しているにも関わらず、ブロックチェーン技術を賞賛する記事を発表しました。

政府関係者がデジタル資産管理プラットフォームを構築するように要請してはいますが、市場が政府によって直接管理されている限り、政府は仮想通貨取引の禁止をいつでも緩和できることは明らかです。

Blockchains Must Have Centralized Foundation: Chinese Regulator