中国のブロックチェーン企業Waltonchain、仮想通貨プレゼント企画で不正を行ったとして炎上

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

IoT(もののインターネット)を商用エコシステムに提供する中国のブロックチェーン企業Waltonchainは、バレンタインデーのプロモーションキャンペーンを実施し、このソーシャルメディアのプロジェクトに従った幸運なユーザーは565 WTC(およそ10,700ドル相当)の賞金プールの一部を獲得しました。

同社はTwitterで200人以上の受賞者のリストを公開しました。 ブログ投稿によると、一人当たり2.14 WTCトークンが送られ、別の5人の幸運な受賞者は、追加の21.4トークンを受け取ることになっています。実際、Waltonchainの従業員は、彼が200人の幸運な受賞者の内の一人に選ばれたことを明らかにし、依然、同社の公式のTwitterアカウントから投稿しつづけています。

この結果は、現在ソーシャルメディアで論争の的として広まっています。

何が起こったのかを説明するために、WaltonchainはInstagramのビデオを通じて、受賞者が選ばれるプロセスは偽装されておらず、従業員が正式にトークンを獲得したことを明らかにしました。 ビデオは、スクリプトが受賞者をランダムに選んで、会社の従業員の1人を選択しただけであることを示しています。

Waltonchainの従業員の一連の行動を説明する映像がほとんどないと多くの人が主張しています。 Twitter上で、同社は46,000人のフォロワーに謝罪声明を発表しました。 この事態を「重要かつ深刻」なものとして受け取り、チームメンバーの受賞を取り消したことが読み取れます

コミュニティの反応

この論争を受けて、受賞者リストが分析されました。 一部のユーザーは、 “waltonchain_bot”というハンドルネームの受賞者アカウントは、あたかもこのプレゼント企画のためだけに作成されたものであると指摘しました。 あまりにも注意を引くということで、このアカウントは削除されました。 同様に、他のアカウントも疑わしいようです。

ソーシャルメディアでは、ユーザーは会社の合法性について疑問を呈し始めた一方、他の人たちはこの会社の技術はまだ将来の一部となる重要なものであると擁護していました。 Redditユーザーの「DeeboTheWise」は次のように述べました:

「不幸な事件が起きていますが、私はWaltonchainを支持したいです。もうたくさんです。このようなでっちあげの事件は私をうんざりさせます。もしWaltonchainが実際このようなことをしているとすれば、彼らは合法足りうるでしょうか? 私は彼らがそのようなことをしていない方に賭けます。」

Waltonchainの謝罪に反応し、他のユーザーはこの会社を守ろうとしました:

それにもかかわらず、一部の投資家は、この事態を赤信号と見て、所持しているWTCを売却しようとしていると主張しました。WaltonchainのWTCトークンは過去24時間に12%下落したようです。

Waltonchain Embroiled in Controversy as Employee Wins Token Giveaway