ブロックチェーン界の性別差の縮小化

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

驚くべきことに、ブロックチェーンのスタートアップの間での女性は極めて数が少ない。これはテクノロジー業界やシリコンバレーの中では支配的な傾向となっている。しかし、暗号通貨を支える技術であるブロックチェーンは、分散化と誰もが平等な競争の場となることがミッションであることを考えれば、今後状況が改良されていく可能性を秘めている

しかし、最近のニューヨークタイムズ紙の記事によると、女性は「ブロックチェーン仲間」のような集団によって守られてきた、まるで要塞のような男性優位の文化の中で苦戦を強いられている。この傾向は、女性がブロックチェーン投資家の4%から6%を占めるに過ぎないという調査結果が示唆しているように、新興企業に限定されたものではない。

ブロックチェーンが普及し始めてからまだ日も浅い時期ではあるが、新興市場の初期に新しい資産が生み出され、影響力のある人間が出現し、投資活動から人材採用に至る一連の出来事がすでに行われているため、こうしたジェンダーの不均衡問題は非常に深刻である。

タイムズの記事は、ベンチャーキャピタリストのアレクシア・ボナトス氏(Alexia Bonatsos)のツイートをこのように引用した。

アレクシアボナトス@アレクシア

女性よ、暗号通貨に興味を持て。さもなければ、男性にすべての富を再び独占されてしまうだろう。

1:47 AM – 2018年1月26日

Twitterの広告情報とプライバシー

最近、ウォールストリートでは、男女格差問題がマンハッタンの資産管理会社ステート・ストリートが主催する「恐怖の女の子」というブロンズの彫刻の出現によって、話題の最前線に躍り出た。一方、米国の実業界では、大物投資家が取締役会に対して男女格差の解消を含む環境、社会およびガバナンス基準の遵守を迫る場面が見受けられる。

何が得られるのか?

では、女性がブロックチェーン業界に参入するのを妨げているものは何か?中には、この業界で成功するためには博士号を必要だという考え方に基づいた劣等感のせいであると示唆する者もいる。そのスペースで成功するためには、タイムズ誌の記事がある女性の暗号通貨投資家の転落を招いたという誤解からきている。

しかし、女性のブロックチェーン技術者がよくファッションモデルと同じようにもてはやされたり、資質が疑問視されたりすることがよくある。これは、暗号通貨技術者のキャリアを進もうと思っている技術系の学生を含め、女性によく起こりがちなことだ。

最近のマイアミ・ストリップ・クラブでのネットワーキング・セッションを開催した最近のビットコイン・カンファレンスのように、女性が一部のブロックチェーンや暗号通貨のイベントから締め出されているように感じるかもしれないが、どこに行っても同じ状況というわけではない。

市場を牽引するリーダーは、一人でも多くの女性がブロックチェーンの集会に集まるように会議やイベントを調整している。数千もの人々をライブストリームに集客しているイベントはチケットが売り切れる状況になっていることからもわかるように、この努力は徐々に功を奏し始めている。

復活の兆し

確かに、見方によってはブロックチェーン業界にも多様性の波が広がりつつあるといえる。ブルームバーグとのインタビューでは、デジタル通貨グループ(Digital Currency Group)のメルテム・デミロール氏(Meltem Demirors)は、現在の暗号通貨業界について話し、業界内のジェンダー問題に関する認識が変化し始めていることを説明した。

たとえば、ブロックチェーン関連の新興企業のうち女性起業者の数は増加していると同時に、ヘッジファンドやベンチャーキャピタルなどの暗号通貨金融業界における女性投資家の数も増加していると彼女は述べている。 しかし、デミロール氏(Demirors)は 「まだ生態系で行うべき課題がいくつか残っていることを認めている。

ブルームバーグに掲載されたデータによると、米国では1月現在、すべてのビットコインユーザーの約4分の3近くを男性ユーザーが占めていたとのことだ

Narrowing the Blockchain Gender Gap