根本的に脆弱? イーサリアムのCasperがCuracaoで批判される

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

イーサリアムで今後予定される最大のアップグレードは「根本的な脆弱性を持つのではないか?」

この主張は分散型システムの専門家でVMware研究所の創設メンバーであるDahlia Malkhi氏が去る金曜日に述べたものだ。彼女は、キュラソーで開かれたFinancial Cryptography 2018において、イーサリアムのCasperプロトコルを指してまさにこう述べたのだ。

Malkhi氏は基調講演の中で、ノードはどのようにして合意に至るのかという、彼女の長年の研究分野の視点からブロックチェーンを取り上げた。一番注目を集めたのは意外にも、イーサリアムのブロックチェーンにこれまでよりも良いアルゴリズムを導入することを約束する、Casperというアップグレードに関する彼女の批判的な意見だったかもしれない。

マイナー(採掘する者)が実際に電力とエネルギーを費やして取引のブロックを検証するビットコインの先駆的なプルーフ・オブ・ワーク・システムとは異なり、プルーフ・オブ・ステークは一種の仮想マイニングだ。プルーフ・オブ・ステークではコイン自体は(物理的に採掘する場合の資本のように)留置(ロックアップ)された状態で計算を行う。

このような理由からプルーフ・オブ・ステークの支持者は、プルーフ・オブ・ステークは理論的にはプルーフ・オブ・ワークと同様の利点がありながら電力コストや環境問題とは無縁だ、としている。

プルーフ・オブ・ステークへの反対も同様に激しい一方で、Malkhi氏のこのコメントは著名なコンピューター科学研究者がおそらく初めてこの論争に加わったことを示している。

彼女は聴衆に次のように語った。

「私はプルーフ・オブ・ステークには根本的な脆弱性があると考えています。グループの権力者に支配させようとしているのです(中略)私の考えでは、プルーフ・オブ・ステークは富を多く持つ人に権力を与えることになります」

けれども彼女は、Casperは分散システムの分野に一層の興味と革新に刺激を与える「興味深い」研究をもたらしたと考えている、と付け加えて、発言のダメージを和らげようとした。

歴史から学ぶ

分散システムを長年研究している者としてのMalkhi氏の最大の関心事は、安全性と生存性という、技術が守るべき2つの特性に由来している。

ブロックチェーンシステムの内部ではこれらの特性は、取引が完全に適切に行われるか、そしてシステム自体が時間と共に進歩するかを示すものだ。

Malkhi氏は次のように語っている「昨日(イーサリアムのCasperの作者である)Vlad Zamfirと会話しました。彼は、Casperが「ほとんど」生きている状態だったらCasperは役に立つと言えるのではないか、と主張していました」

Malkhi氏の心中ではその答えはノーだ。というのは、Casperのようなブロックチェーンプロジェクトの今の設計の仕方には脆弱性があるからだ。

「この分野では数十年の蓄積があります」と彼女は語る。

彼女の指摘は、このアイディアに対しては従来のような学会による厳しいチェックが十分ではなく、チェックが十分であれば重要な仮定が間違っていたことが示されていたかもしれない、という彼女の懸念を示唆するものだ。

「生きていないソリューションを考え出すのは、本当のところとても簡単です。すぐに思いつきます。この分野で必要なのは唯一つ、安全かつ生きている仕組みを作り出すことなのです」彼女はこう語った。

未来に対する興奮

Malkhi氏は暗号通貨とそれが作り出す新たな研究や考えに興奮していないというわけではない。

彼女の話の中で、ビットコインは分散システムの重要課題であるビザンチン将軍問題を解決するのに役立つ、というよく引き合いに出される見解に同意する考えを示していた。
この見解は、マーク・アンドリーセン氏のような有名な投資家に由来すると彼女は考えている。

それでも彼女は、やるべきことはまだ残っており、アンドリーセン氏のコメントは「洞察力に富む」ものだが、同時に「あまりに楽観的過ぎる」、とすぐに付け加えた。そのようなコメントから分かるように彼女は、どんなブロックチェーンも欠陥がないように設計されている、と考えているわけではない。

彼女は次のように締めくくった。
「この問題はまだ解決していません。土台となる考え方はしっかりしていますが、こういった土台は一旦壊して一から作り直そうとすると意外なところから崩壊してしまうものです」

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

Fundamentally Vulnerable? Ethereum’s Casper Tech Takes Criticism In Curacao