米・連邦預金保険公社前議長「仮想通貨を禁止すべきでない」

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

米国の銀行に預金保険を提供する連邦預金保険公社の前議長であるSheila Bairは、仮想通貨を違法化すべきではないと話した

ニュースサイトBarron’sの最新のインタビューによれば、ビットコインなどの仮想通貨には「本質的な価値」がないが、それは米ドルなどの通常の通貨も同じであるという。「禁止すべきだとは思いません。あなたのポケットに入っているお札にも本質的な価値はないわけですから」

Bairは2006年から2011年まで政府機関の要職についていただけに、世界的に規制強化の動きが広がっている中で、このコメントは注目に値する。Bairは過去にも仮想通貨規制について発言しており、ブロックチェーン関連のベンチャー企業であるPaxoの外部取締役でもある。

仮想通貨の価格に関しては、市場そのものの働きで価値が定まるだろうと指摘した。「価値があるのかどうかは、市場に判断させればいいのです。それが今私たちがやっていることです」

Bairは規制当局が完全に放任すればよいと考えているわけではない。「十分な情報公開や教育、詐欺行為や違法な資金移動の排除」のために公的機関が動くべきだと話した。副司法長官のRod Rosensteinや、財務長官のSteve Mnuchinなどの最近のコメントからもわかるように、トランプ政権下では積極的な方針を打ち出すようになってきている。

インタビューの中でBairは、仮想通貨取引を考えている人に対して、このような気の利いた警句も発していた。

損失を取り返せないほどのお金をビットコインにつぎこんではいけません

Don’t Ban Crypto, Says Former FDIC Chief Sheila Bair