報告書:中国政府、海外基盤の国内暗号通貨業者を摘発へ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国の規制当局は、資産凍結をちらつかせることで国内の暗号通貨業者をさらに窮地に追い込む方向に舵を切っていると伝えられている。

ブルームバーグ誌によると、中国の暗号通貨流通に対する最終的な取締りは、規制当局がオフショア暗号化プラットフォームを通じて暗号取引に参加し続ける国内投資家をターゲットにしたものだという。情報ソースをよく見ると、当局は海外の取引所を利用して中国政府の国内暗号取引の禁止を迂回した個人や企業に属する銀行やオンライン決済口座を調査することが可能だとしている。

また、報告書は下記のように付け加えた。

「アカウントの所有者は、資産を凍結させたり、国内の金融システムからブロックすることができる」

報道されたような動向は、投資家が取引やICOに参加するのを防ぐために、外国の暗号通貨交換ウェブサイトに対して実効性のある禁止措置と封鎖を求めた中国の中央銀行運営の新聞が伝えている。

中国は、2017年9月に取引所の最終的な閉鎖につながる現場検証に始まる一斉取締までは、中国は2017年当時で世界最大の暗号通貨取引市場であった。中国人民元(RMB)での世界的取引量は、90%以上と圧倒的に市場独占状態から1%未満へと激減したと、中国人民銀行(PBOC)の関連企業が今月末に発表した。

破壊的な取締りが元で、中国の暗号通貨企業、特に採掘業者はカナダとスイスの規制のゆるい管轄区域へと流出することになった。

中国市民が暗号通貨の購入と取引を引き続き行っているところを狙い、中国政府の取締りはおそらく最終局面に近づいていると思われる。しかし、世界的な暗号通貨市場への影響は、この局面では関係がない。中国の敵対的な動向に先立ち、2017年に世界の暗号通貨市場は200億ドル弱の規模に低下した。 1年後の今年1月には、暗号通貨市場全体の上限は7,950億ドルと過去最高を記録した。

China to Target Domestic Crypto Traders on Overseas Platforms: Report