リトアニアの銀行グループが仮想通貨投資に警告

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

リトアニアの自治銀行組織が国内の投資家に向けて、仮想通貨にまつわるリスクについての警告を発行しました

リトアニア銀行協会は火曜日に発表した声明で、最近仮想通貨が大きな注目を集めているが国内の投資家にとっては依然不透明なままであると述べました。そしてそのようなものとして、リトアニアの投資家はデジタル資産の取り扱いについて注意するよう助言しました。

この声明では以下のように述べられています。

「仮想通貨に投資すると決めた人は自身の責任でそれを行うことを自覚しなければなりません。仮想通貨は統制されず放置されています。仮想通貨の現在の価値は、それらの通貨が通常改変不可能で匿名であることと投機に基づいたものです。」

国民に対し金融技術と関連規制を通知するために設立された自治団体である同協会は、Swedbank、SEB Group、Danske Bank、LKU Credit Union Groupといった同国の主要な金融機関で構成されています。

同協会はさらに、同国の中央銀行であるリトアニア銀行と連携して仮想通貨に関連した活動から距離を置くことを計画している、と述べました。

同協会は「リトアニア銀行協会のメンバーはリトアニア銀行の立場を厳格に守り、仮想通貨にまつわる活動を断ち切り、関連サービスを提供しません」と述べました。

このコメントはまた、同中央銀行が国内のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)などの仮想通貨関連事業の進展を監視する努力を強化していることにも関連しています。

数週間前には、リトアニア銀行は8,000万ユーロ(9,780万ドル)近くを集めたと伝えられている国内のICOに対する調査を開始し、規制当局により有価証券の募集であると判断されました。この動きは同中央銀行により以前から発表されていたICOガイダンスに従ったものです。

Lithuanian Banking Group Warns Over Crypto Investments