本人確認済みのTwitterアカウントを乗っ取って行う仮想通貨詐欺が横行

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨の詐欺師がユーザーを騙すために認証済み(本人確認済み)のTwitterアカウントを乗っ取っています。多くの場合、詐欺師は影響力のあるコミュニティメンバーとして行動し、何倍もの報酬を約束して特定の仮想通貨を送らせます。 現在、彼らは信頼を得るために認証済みのアカウントを乗っ取り始めました。

本当に報酬が支払われているかのように見せかけるために、詐欺師は、寄付を求めるツイートに偽の返信を追加します。 これらの返信では、彼らが報酬を受け取ったと主張し、ツイート主に感謝します。

これらの詐欺師は通常、最近作成されたアカウントを使用し、特定の影響力のある人物のユーザー名に余分な文字を加えたユーザー名を使用するため、簡単に見わけることができ、Twitter社だけが本人確認済みのユーザーに与えることができる青色のチェックマークがそのアカウントには記載されていません。

Buzzfeedニュースによると、最近、詐欺師はTRON(TRX)の設立組織であるTron Foundation(Tron財団)の偽の認証済みTwitterアカウントを作成しました。 これを行うために、彼らはシアトルに本拠を置く非営利団体Literacy Bridgeのアカウントを乗っ取ったようです。この団体は、世界で最も貧困な地域社会の健康、収入、生活の質の向上に重点を置いています。

Literacy Bridgeの認証済みアカウントを引き継いだ後、詐欺師たちはプロフィール画像を変更し、本物のTron Foundationが固定したのと同じようにツイートを固定し、ハンドルネームを “tronfoundationl”に変更しました。このアカウント名にはTron Foundationに余分な” l “が追加されています。

偽のアカウントを使って詐欺師は、Tronの創始者Justin Sun氏が投稿したツイートに寄付を求める返答をしました。 Buzzfeedによると、おそらくこのアカウントの認証済みを示す青色のチェックマークのおかげで、200以上のライクとリツイートがこのツイートに対して行われたようです。

一部のTwitterユーザーはその変化に気付き、すぐにこのツイートを広めました。

スパムアカウントを頻繁に報告するTwitterユーザーのGeoff Goldberg氏は、今回偽のTron Foundationアカウントを見つけました。 彼はBuzzfeed Newsに次のように話しました:

「認証済みアカウントなので、すぐに興味をそそられました。 このような偽のアカウントをいくつも見てきている経験から、これは詐欺であることは私には明らかでした。 しかし、認証済みアカウントならば、他の人は完全に騙されると思います。」

BuzzFeedとTron Foundationが偽のアカウントを報告した後、このアカウントは停止されました。 しかし、これで事件は終わりませんでした。 ハッカーたちは、ロンドンの高級メンズウエアデザインチームに属する別の認証済みのTwitterアカウント “adaxnik”を乗っ取ったようです。そのアカウントを乗っ取った後、ハッカーたちはJustin Sun氏のアカウントだと偽りました。

この記事の掲載時には、Tronの創業者は、Twitterで2つの認証済みのアカウントを持っているようです。 そのうちの1つは、ユーザーの安全確保を手伝い、正しいTronアカウントにたどり着けるようにしようとしています。 もう一つのほうは、Tronエアドロップ上で、クリックしてはいけない偽のウェブサイトへのリンクをユーザーに送って教えています。

Twitterでは、ユーザー名が変更されると認証済みのアカウントを削除することになっているので、Twitter社にも責任の一端があるかもしれません。 最近、Twitter認証済みアカウントを取得したBinance社のCEO、Changpeng Zhao氏は、次のことを明確に示しています:

ツイッターでお金を求めたり投資したりするやつを信用するな!

Cryptocurrency Scammers Hijack Verified Twitter Accounts to Trick Users