Bitcoin価格分析:Bitcoinが投資家の疲弊を招く局面に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

その価格が11,000ドルに達しようとしたのも束の間、Bitcoinは9,000ドル台へ下落し、多くの投資家を混乱させてしまいました。最初の強気な取引は、過去2カ月間の市場の大部分を支配していた下落傾向を打破するものとして有望視されていました。

価格下落の反転(赤い点線)は、価格下降傾向の終わりと、持続的な価格上昇の始まりと見られ、多くの強気な投資家に希望を与えました。取引量は増加しており、価格は一気に高まっていました。

しかし、強気な取引が数日続いた後、価格は急激に下がり、6000ドルからの強気な取引を概説した政府の予測は外れました。

以前のBTC-USD市場分析でも指摘されているように、流通取引範囲(TR)を上回る高騰があり得ると述べました。 しかし、市場が乱高下して価格がTRに戻った場合、価格下落の動きが始まる可能性があります。

昨日、市場はTRより低い価格に下落し、9,600ドルの底値をつけました。価格は底を打った後にTRに戻り、最終的にTRの最終供給可能地点(LPSY)となりました。

現在、市場はTRよりわずかに低い値にあり、取引も低調です。38%のリトレースメント値(図3参照)で強気な取引が行われた場合、図1に示すような価格回復へつながると予想されます。

その結果、TR内に価格が落ち着くため、短期的に強気な取引が行われる可能性は否定できませんが、現時点では再びマクロの上昇トレンドとなるとは考えていません。

今の最低価格水準を維持することができれば、現在の低値での取引から脱する9,000ドルを打破できると考えています。その場合には、市場の状況を再評価する必要がありますが、今のところこうした強気取引が行われる可能性は低いです。

概要:

1.大きな価格上昇と、それに続く弱気取引における価格下落傾向の後、市場は大きく後退しました。

2.この大きな市場の後退は、30分のローソク足の流通取引範囲にあります。

3.買い圧力を維持するには投資家が疲弊し過ぎているかを判断する際に、新しい最低価格水準がBitcoin市場に用意されるかもしれません。

BitcoinやEtherのようなデジタル資産の取引や投資は、非常に投機的であり、多くのリスクが伴います。この分析は情報提供のためのものであり、投資のためのアドバイスとは考えないでください。 Bitcoin MagazineおよびBTC Media関連サイトのコメントおよび財務情報は、BTC Mediaの意見を必ずしも反映するものではなく、購入、販売、または保有することを推奨または推薦するものではありません。また過去の業績は必ずしも将来の業績を示すものではないことにご注意ください。

Bitcoin Price Analysis Bitcoin Faces Pivotal Support as Bulls Exhaust Buying Pressure