韓国の仮想通貨取引所が自主規制を導入

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

韓国最大の仮想通貨取引所が自主規制を導入し、その元で取引を実施するよう自己評価を実施すると報じられています。

33の仮想通貨取引所で構成される韓国ブロックチェーン協会は、12月に21社が自主規制の下で取引を実施しているかを確認するため、21の取引所の評価を実施することを発表しました。

12月に初めて発表された自主規制導入を促進する動きは、世界最大の暗号化取引市場の1つになりつつある韓国市場の透明性向上のため、取引の倫理規定を含む多くの取り組みに繋がっています。業界団体は、インサイダー取引や市場操作を防止するための厳格な規則策定も義務づけています。

報告によると、Bithumb、Coinone、Upbit、Korbitを含む韓国最大の仮想通貨取引所は、すべて評価を受けるとされています。

締め付けを強めている韓国の法務省によって、仮想通貨取引実施を包括的に禁止する法案に続き、自主規制ガイドラインが導入されました。政府によるらに厳しいガイドラインが続いて導入されています。

しかし、韓国国内の仮想通貨取引所は、金融規制当局が「通常の」非匿名取引を実施するための仮想通貨取引を必要としている、として、今週を猶予期間として確保しています。

規制当局はまた、政府が仮想通貨を通じて取引を行うために、従来の銀行に取引所との関係を確立するよう促すと述べました。さらに規制当局は、規制を強化するのではなく、仮想通貨の「標準化」の枠組み作りに焦点を当てるよう政府に求めています。

South Korea’s Cryptocurrency Exchanges Will Scrutinize Themselves Report