ヴェネズエラ政府、Petroに続く新しい仮想通貨PetroGoldを発表

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ベネズエラの指導者ニコラス・マドゥーロ氏は最近、1週間以内に国が新たな仮想通貨を開始すると発表しました。地元の情報誌Telesurによると、この仮想通貨は金によって裏打ちされるようです。ベネズエラが石油に裏打ちされた仮想通貨を開始した1日後である水曜日(2月21日)に、このマドゥーロ氏の発表が行われました。

CCNが言及しているように、Petro(PTR)は、米国の経済制裁を回避し、米国との「経済戦争」を戦う手段として、12月に発表されました。 Petroの前売りは現在進行中であり、マドゥーロ氏によれば、すでに7億3500万ドルの売り上げになっているそうですが、彼はこの発言に関するいかなる証拠も挙げませんでした。

ペトロが発表された直後、ベネズエラの反対派議会は、国の埋蔵している石油を抵当に入れる「違法かつ違憲な」手段として、仮想通貨の売却を批判しました。投資家はベネズエラのソルベンシー(財務健全性)と透明性に対する懸念を表明した一方で、米国は、仮想通貨を購入した国民は国の経済制裁政策を侵害する可能性があると警告しました。

放映されたスピーチでは、マドゥーロ氏はPetro Goldの計画が進行中であることを明らかにしました:

「来週、私は、Petro Goldを立ち上げようとしています。これは金で価値を裏打ちされていて、より強力な仮想通貨となり、Petroを強化するでしょう」

このベネズエラの指導者が、国の中央銀行が準備している金に言及しているのか、未採掘の鉱山に埋蔵されている金に言及しているのかは明らかではありません。 この仮想通貨に関する他の詳細はまだ明らかにされていません。

Telesurによると、ブラジル、デンマーク、ホンジュラス、ポーランド、ノルウェー、中東からの投資家はペトロでの支払いをするか、投資するかのどちらかに関心を示しています。

Petroの立ち上げ時には、紛らわしい混乱を招くことがありました。一部のユーザーは、仮想通貨を購入しようとする際にJavaScriptエラーに直面しました。他の人は、分散型取引所EtherDeltaで注文をすることができませんでした。さらに、トークンがどのブロックチェーンを使用しているかは明確ではありません。違う文書ではNEMまたはEthereumのいずれかであることが示唆されています。

仮想通貨の投資家は、新しい仮想通貨Petro Goldがどのようなものか把握するために試行錯誤しています。 Red Hat City Ventures Sean Walsh社の創設者であるReuters氏は、詳細が明らかにされていない状態で結論付けるのは時期尚早だと思うが、物理的資産に裏打ちされたトークンには興味がないと言いました。彼は次のように続けました:

「金に裏打ちされた仮想通貨を買うぐらいなら、金そのものを私は買います。金はあなたが手元に置くことができる物理的で確かなものです。それがポイントです」

ベネズエラは現在、今までで最も深刻な景気後退の一つに直面しています。国の貨幣通貨が急落したため、国民は生き残るために仮想通貨を使うことを余儀なくされています。

Venezuela Announces New ‘Petro Gold’ Cryptocurrency