懐疑的な見方が強まる中、ベネズエラが仮想通貨「ペトロ」を立ち上げ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

多額の負債と国民の貧困に苦しむベネズエラのMaduro政権が、自称世界初の政府発行仮想通貨を立ち上げました。

この仮想通貨は社会主義体制に対する米国政府の制裁を迂回するために設計されています。この仮想通貨「ペトロ」の最初の価格は、ベネズエラ原油1バレルの1月中旬の価格である60ドルで、1億ペトロの販売が目標です。

米国財務省はこの動きは昨年の制裁に違反する可能性があると警告し、ベネズエラの野党指導者らはこれは違法な債務発行であると述べました。

取引初日後、Maduro大統領は7億3,500万ドルを調達したと主張しました。政府関係者らは、ウェブサイトへのトラフィックが5倍増加したと主張していますが、ベネズエラのプロダクトデザイナー兼仮想通貨作家であるAlejandro Machado氏を含む一部の評論家はこれに懐疑的です。

Bitcoin Magazineに対しMachado氏は、ペトロに関するブロックチェーン上の取引を見つけることができず、当初はイーサリアムネットワーク上にリリースされる予定だった同トークンが、その後NEMに移行したとコメントしました。

「政府はこれがそのアドレスだと正式発表してはいませんが、NEMを使っていることは正式発表しています。そしてこれだけがペトロの説明と合っているモザイクです。」「このモザイクのメタデータはホワイトペーパーと同じようなフレーズも使用しています。」とMachado氏は述べました。

Machado氏は2017年10月上旬にペトロについて書いており、「多くの人はまだこれを空虚なプロパガンダの一環だと考えていますが、私はこの考えに全く反対です。チャビズム(ベネズエラのウゴ・チャベス元大統領に関連した左翼思想)は資金の枯渇という存亡の危機に直面しており、ペトロに賭けているのです。」と短評しています。

この計画に対する彼の懐疑論は根深いものです。

「実績のひどさに気付いていることは間違いなく、政府は60%の割引を提供してプライベートセールへの参加を促しています。世界のどの企業が市場価値の半分以下で3,800万個の製品を販売していますか? それはもちろん、販売後に製品を発送するつもりのない会社です。」

対外債務1,500億ドル、4桁のインフレ、石油生産の崩壊、米国とEUによる制裁措置という問題を抱えるベネズエラ政府は、収益を生み出す方法がますます独創的になっています。

ペトロは、ベネズエラが回収できると信じているがまだ地面から取り出していない3億バレルの石油に対する約束以上のものではありません。さらに、ペトロを購入したアメリカの投資家は、米国のベネズエラに対する制裁に違反することになり、米政府とトラブルになる可能性があるという問題もあります。

PetroDollarとは?基本情報 PetroDollarの特徴・仕組み PetroDollarの相場・チャート・高騰/暴落情報 P...

Venezuela Launches “Petros” Cryptocurrency Amid Growing Skepticism