日本の仮想通取引所が間違ってビットコインを無料で渡す

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

JPMorganのCEOであるJamie Dimon氏といったビットコインへの懐疑論者たちは、しばしばビットコインに「価値は無い」と主張していますが、日本のとある取引所で彼ら懐疑論者たちの主張が18分間現実になりました。

火曜、大阪に本社があるテックビューロ社が運営する仮想通貨取引所のZaifが、技術的な問題により、何人かのトレーダーがビットコインを0円で購入したと発表しました。ビットコインの市場価値は120万円程度なのでこれはかなりの割引です。

Zaifによると、この不具合は2月16日に18分間発生し、7人の顧客がビットコインを0円で購入できたということです。同社はその後、顧客の残高を修正していますが、取引後に取引所からコインを引き出そうとしたらしいトレーダーの1人との問題は解決中とのことです。

この不具合によりシステムが一時的に不適切な取引データを報告しましたが、同プラットフォームを利用していたその他のユーザーには影響がなかったということです。

要約すると、同社は発表で「ご不便をおかけし申し訳ございません」「再発を防ぐために努力し、サービスの改善に取り組んでいく所存です」と述べました。

CoinMarketCapのデータによると、Zaifは過去24時間で1730万ドルの取引高があり、これは取引手数料を課している取引所の中で51番目の取引高です。しかし同サイトは異常な動きは除外するとしているので、同取引所のビットコイン取引高は含まれていません。

Reuterによると、Zaifは現在、日本の金融庁(FSA)に登録されている16社の仮想通貨取引所の1つであるとのことです。その他の16社の取引所(特に最近ハッキングされたCoincheckが有名)は、登録申請が保留されている間、引き続き運営を許可されています。

金融庁は、1月末に発生し、5億3000万ドルのNEMトークン(XEM)が盗難され過去最大の仮想通貨取引所盗難事件になったCoincheckハッキングの後、これらの取引所の集中検査を実施しました。

CCNの報道によると、この16社の登録済み取引所は現在、金融庁登録の自己規制団体の設立計画を立案中だということです。

Zaifは2015年3月4日にオープンした仮想通貨取引所で、数ある日本の取引所の中で最も多くの通貨を取り扱っている取引所です(2018年1月...

Japanese Crypto Exchange Accidentally Gives Bitcoins Away for Free