リトアニアの中央銀行が、1億ユーロを調達したBankeraのICOを調査

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

リトアニアの中央銀行は、国内で行われたICOに関する調査を開始しました。これは、同国の証券法に違反していると言われています。

2月15日付けの声明によると、リトアニア中央銀行は、ブロックチェーンのフィナンシャルサービスを立ち上げたスタートップ企業、Bankeraへの厳密な調査を開始した。BankeraのICOは、11月の開始以来、1億800万ユーロ(約1億3,300万米ドル)以上を調達したと報じられています。

「ブロックチェーン時代の銀行」というスローガンを掲げるBankeraは、仮想通貨への完全なサポートをしつつ、銀行ライセンスを取得し、伝統的な金融サービスを提供することを目指しています。ICOに寄与した投資家は、Bankeraトークン(BNK)を受け取っており、これは、所有者にBankeraの正味トランザクション収入の一部を受け取る権利を与え、スマートコントラクトを通して、毎週支払われます。

声明で、リトアニアの規制当局は、Bankeraが未登録証券を保有していると判断したと述べています。

「リトアニア銀行に承認された立場によると、分散型仮想通貨トークンが有価証券の特徴を有する場合、それらは広告の配布のための規定を含む、証券法の要件に従う必要がある。その要件への違反は、罰金やその他の制裁の対象となる可能性がある」。これが、リトアニア銀行の規制市場監視部門責任者、ヴァイオタス・シバース(Vaidotas Cibas)が語った要旨になります。

中央銀行が、ICOまたはその運営者に対して、特定の措置をとるかどうかは不明ですが、その声明の中で、規制当局が将来的にそのような権限を持つことは明らかにされました。いくつかのウェブサイトがBankeraのICOを宣伝していたことに留意し、同国の広告法は、違法行為のマーケティングを禁止しているとも、警告しました。

リトアニアは当初、Bankeraがトークンセールを開始する数週間前の10月にICOに関するガイダンスを発行していました。このガイダンスは、ICOはすでに存在していた政府の証券およびクラウドファンディングに関する法の下で規制されており、当局はケースバイケースで判断していくだろうと述べていました。

同時に、監督当局は、仮想通貨が「ハイリスク」商品であり、中央銀行は金融機関がそれらを利用することを禁じていることを銀行に再度注意喚起しました。仮想通貨ユーザーに金融サービスを提供することは、Bankeraのビジネスモデルの中心部分を構成するものであり、注目に値します。

Lithuania’s Central Bank Investigates 100 Million Euro Bankera ICO