日本の取引所、仮想通貨のハッキング盗難に対応した自主規制のための組織を来週すぐにも発表予定

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Business Colleagues Together Teamwork Working Office

最近のCoincheckへのハッキングを契機に、日本の仮想通貨取引所のグループが自主規制のために新しい組織を結成しているという報告があがっています。

ロイター通信によれば、Coincheck取引所が1月のセキュリティ侵害で5億3,300万ドルのNEMトークンを盗まれた後、16の取引所が自主規制への動きを見せています。 新しい組織は、来週になればすぐに発表される可能性がある、と報告書は示唆しています。

この情報によると、既存の2つのグループ、日本の日本仮想通貨事業者協会(JCBA)と日本ブロックチェーン協会の合併計画は合意されず、日本の取引所は金融庁(FSA)に登録される新しい組織を形成することを選びました。

このニュースは、金融庁がCoincheckでの仮想通貨盗難を受けて15回の無認可の仮想通貨取引所で現場検査を行うと発表してから数日後に発表されたものです。 これらの取引所が新しい自主規制組織と関係しているのか、認可を受けていないコインクチェックが設立グループの一員であるのかは不明です。

金融庁は、以前、同国のすべての取引所に、Coincheckでの仮想通貨盗難に対応して、セキュリティプロトコルとハッキングに対する対抗策を報告するよう勧告しました。

新しい法律に基づき、2017年9月以来、金融庁は国の仮想通貨取引所の一部に認可を発行しています。 認可を申請したが受理されなかった取引所は、暫定的に運営し続けることが許されています。

Report: Japanese Crypto Exchanges Unite to Form Self-Regulatory Group – CoinDesk