カリフォルニア州議員、ブロックチェーンを法的に認証する法案を提出

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

カリフォルニア州議会議員は、もし通過した場合、州の電子記録法がブロックチェーンの電子署名とスマートコントラクト(ブロックチェーン上で契約をプログラム化する仕組み)に対応したものに更新される法案を発表しました。

先週Ian Calderon議員から提出された議会法案2658では、統一電子取引法に含まれる電子記録と署名の定義を拡張して、ブロックチェーンによる記録と署名を含めることを規定しています。

「ブロックチェーン技術によって保護された記録は、電子記録として扱うべきです」

既存の法律では、「このブロックチェーンによる記録と署名の法的効力または執行可能性を否定することはできない。なぜならば、この記録と署名は電子形式のデータであり、電子記録がこのデータを形成する際に使用されたからである」と規定しています。法案がカリフォルニア州議会を通過し、Jerry Brown知事に署名されれば、本質的に、ブロックチェーンの署名は法的に執行可能となります。

同様に、この法案では、「ブロックチェーンテクノロジーによって保護された署名は電子署名として扱う」と述べています。契約の定義を、スマートコントラクトに対応させ、特定の条件が満たされた場合(ブロックチェーン上の特定のブロック番号に達するような状況)自動的に実行されるコードの一部にも対応させると書いています。

この法案は、ブロックチェーン上のデータストレージにも対応しています。 州間または海外貿易を実施する過程で個人情報を保護するためにブロックチェーンを使用することを選択した個人は、その情報に対する所有権を保持すべきであると提案しています。

Calderon議員から提出された法案は、米国の州議会が行ったブロックチェーンに対する最新の措置です。

フロリダ州の議員は、先月同州の議事堂で同様の法案を発表し、アリゾナ州の議員は昨年、ブロックチェーンのデータとスマートコントラクトに法的地位を与える法案を可決しました。

しかし、カリフォルニア州の経済規模は米国最大で、フランスと同程度の国内総生産をもっていることから、カリフォルニア州のこの法案は特に注目に値するものとなります。

California Bill Would Legally Recognize Blockchain Data – CoinDesk