カナダのVersa銀行が仮想通貨などのデジタル資産を守るための安全なデジタル金庫を6月までに設立予定。Coincheckへのハッキング以来、世界で進むサイバーセキュリティ導入

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

資産の面でカナダ最小の銀行、Versa銀行は、6月までに利用可能なデジタル金庫を作成することにより、デジタル資産のセキュリティの必要性に対応する予定です。

この銀行は最近、仮想通貨とセキュリティを牽引してきたBlackBerryLimitedのサイバーセキュリティ専門家Gurpreet Sahota氏を雇いました。Bloombergによると、Sahota氏はデジタル資産をコンピュータサーバーに格納する「VersaVault」の設計を監督しています

VersaBankのCEOであるDavid Taylor氏は、ほとんどの人の契約、証書または仮想通貨のような資産は、ある種のデジタルフォーマットに格納されると述べています。

安全な金庫

Versa銀行は、このデジタル金庫内のコンテンツにアクセスすることも、知ることもできません。Taylor氏は、Versa銀行自身が金庫を開ける方法を知らないことによってプライバシーを保護することが可能になると述べました。

Versa銀行は、デジタルセキュリティの必要性に対応しています。このデジタルセキュリティは、最近の日本の仮想通貨取引所であるCoincheckからの5億ドル以上の盗難を受けて注目されている分野です。ハッカーは通常、インターネットに接続されたウォレットを通じて仮想通貨取引所にアクセスします。

VersaVaultの情報が先月発表されて以来、大規模なファンドがこのデジタル金庫に資産を保管することに関心を示しているとTaylor氏は述べています。このサービスの価格は決定されていませんが、Taylor氏によると、高価なものになるそうです。

いくつかの米国の銀行は、セキュリティ上の懸念を理由に、クレジットカードでの仮想通貨購入を停止すると述べています。

デジタル資産の安全を確保する取り組み

このデジタル資産のセキュリティの必要性に対応したのはVersa銀行が初めてというわけではありません。Xapo社は、約4年間、安全なビットコインストレージを提供しています。

トロントに本拠を置くGoldmoney社では、顧客が7カ国の金庫で貴金属を購入、販売、保管をできますが、9月にビットコインの保管を開始しました。

韓国の新韓(シンハン)銀行は、11月中旬にビットコイン用の金庫を設立する意向だと述べました。

銀行の新規開拓者

Taylor氏は、INGグループがING Directというテレフォンバンキング(電話を利用して銀行の各種取引が行えるサービス)を提供する4年前に、1993年にカナダにブランチレスバンキング(支店のいらない銀行システム)を導入しました。

Versa銀行は、ブローカーからの預金を集め、銀行以外の金融会社からローンやリース債権を購入するブランチレス電子モデルを運営しています。また、小売業や中小企業向けに資金を提供するためにパートナーと協力しています。

Versa銀行の企業価値は約1億2600万ドル、80名の従業員を抱え、カナダの大手銀行を上回っています。S&Pトロント総合指数(カナダのトロント証券取引所における株価指数)の中での銀行株部門において、8社の株が2.9%下落したのと比較して、同社の株価は、今年24%上昇しました。

昨年のVersa銀行の株価は、銀行全体の株価指数の11%増と比較して19%上昇していました。

Canadian Bank to Offer Secure Vault for Cryptocurrencies