イーサリアムの最大の問題は、ドージコインが解決するかもしれない

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

犬の名前がついたこの仮想通貨、単なるジョークではないと再認識させる事態が起きた。

2013年に気まぐれでできたDogecoin(ドージコイン)は、まだ出回っていると言うだけでなく、少なくとも一つの「まじめ」な技術の実証という大役も果たしている。2月5日に行われたEthereum(イーサリアム)の意欲的なプロジェクトの実証実験に組み込まれたのだ。

その日、待望の技術Truebitを使って、Ethereumの開発環境であるRinkebyにDogecoinを送金することに成功した。これはブロックチェーン技術にとって重要な節目である。1年に及ぶプロジェクトが成功裏に終わったことについて、開発者はこれが仮想通貨の相互運用に向けた一里塚になると考えている。

「dogethereum bridge」というプロジェクトネームがつけられたこの実験では、Truebitが初めて実際に使用された。この技術は、スケーラビリティ(拡張性)というEhtereumの最大の問題の一つを解決することを目指している。

簡単に言えば、小さなプラットフォームでは多くのユーザーを同時に処理することができない、ということだ。Ethereumの全てのデータが、世界中に分散したデータベースに保管される必要がある。そのデータの大きさは、Bitcoinの実に3倍であり、これでは運用が難しい。

この問題の解決手法としては、RaidenやShardingなどがあり、それらに比べればTruebitの知名度は低い。しかし、単に取引処理だけでなく、Ethereumに関わる全ての計算処理に応用しうるため、より可能性が大きい。Ethereum自体が単なる仮想通貨ではないからこそ、この話は重要である。

長期的には、動画共有や機械学習などのあらゆる計算処理にTruebitを応用することができるかもしれない。dogethereumはその最初の一つ目だったのである。

Truebitの共同創業者であるJason Teutschはこう話す。

最初のバージョンである「Truebit lite」が完成しました。Truebitの全ての中核技術が詰まっています。これは私達にとっての一里塚です。

100万ドルの行方

dogethereumの歴史はさかのぼってみると面白い。

Dogecoinの最盛期(ボブスレーチームに寄付するために30000ドルを集めたとき)、DogecoinとEthereumの間でコインを移動させることに成功したら報奨金を出すと、Ethereum財団のUXデザイナー、Alex Van de Sandeらの開発者グループが発表した。

グループはDAO(Ethereum上で動くアプリケーションの一つ)に基金を作り、条件が満たされたときにのみお金を引き出せるようにした。この場合、5人のDAOリーダーが同意することが条件になる。

ここ数年間、Ehtereumの価格は急上昇したので、基金の時価額は今日の時点で120万ドルにもなっている。しかし、これまでのところ報奨金を受け取った人は一人もいない。Van de Sandeの連続ツイートによれば、dogethereumを効率的に運用するのが想定以上に困難だったためだ。

一つのチェーンから別のチェーンにコインを移動させ、そして戻すのには、何百万ドルに相当のコストがかかってしまうのだ。この問題を解決するために、Ethereumのブロックチェーン上の計算をより安く済ませる必要がある。

「この報奨金があったことで、最善の方法が何かを探る2年、3年に及ぶ議論の火蓋が来られたのです」とTruebitの開発者、Sina Habibianは言う。

Dogethereumは、膨大な計算をどう行うかという大きな問題の象徴になっているのです。

そして、Truebitはdogethereumから生まれたのだ。Ehtereum財団の開発者であり、Truebitの共同開発者でもあるChristian Reitwiessnerは、この2つの仮想通貨をつなぐという一見馬鹿馬鹿しい試みにひきつけられたのだ。

重要な実験

Truebitの開発者は、dogethereumの報奨金に近づくことが出来た。Ethereumのブロックチェーンを模したRinkeby上でのテストに何度か成功したからだ。まだ足りていないのは、それを実際に使えるものにすることだ。

Truebitの技術は、過去の取引データのほとんどを捨象した小さなブロックチェーンをDogecoinから派生させ、そこからコインを動かすものだった。それでもなお、開発者たちは今回の取り組みが十分に挑戦的であると強調する。

アトミック・スワップという中央集権型取引所を必要とせずに交換する技術が最近注目を集めているが、dogetherum bridgeはそれと異なり、むしろサイドチェーンというビットコインの長らく停滞していた技術に似ている。

「Dogecoinのブロックチェーンからコインを実際に引き出して、ERC-20トークンを使って、イーサリウムに送金したいと思っています。そして、その逆も。」とTeutschは説明する。「この技術を使えば、取引を自分だけで完結させることが出来ます」とHabibianが付け足した。

このことを実現するためには、送金した分がEthereumから戻ってくるまでは使われることのないように、Dogecoinのコインをロックする必要がある。しかし、最も難しいのはここではない。Dogecoinの保有者が同時にEthereumのコインを保有するための処理の計算に最もコストがかかる。

Truebitは、この処理をブロックチェーンから離れたところで行うことにより、コストを大幅に低減することができたのだ。

見通しは不明

こうして華々しくデビューしたこの技術であるが、まだまだやるべきことはある。Habibianによれば、この技術の最初のバージョンは、「大幅に単純化された」前提に基づいている。

例えば、現時点の技術では、参加者が「利他的に」行動することになっている。つまり、コストのかかる計算を親切心だけですることになっている。

もちろんこれは現実的ではないが、Truebitの最終的な目標としては、計算をして正確な答えを出した参加者に支払いを行う市場を作ることを目指している。「自己利益のために計算をして、その対価を得るようになるでしょう」とHabibianは話す。

では、いったいいつそれが実現するのか?Ethereumで実装するまでにどれくらいかかるのかという見通しをHabibianは明かそうとしない。「そうした見通しは必ず間違えるものです。『どれだけ長く見積もっても、その3倍はかかる』というのがソフトウェア開発の鉄則ですから」と彼は言う。

とはいえ、来月にもう一度画期的なソフトウェアを発表するつもりだとも明かした。これに向けて、中央集権型システムを変えようとしているベンチャー企業のAragon、およびethereumを使った動画共有サービスLivepeerと提携した。

CoinDeskの取材に、Habibianはこう話す。

もしも全て完成したら、Ethereum上であらゆる計算処理が可能になります

コインのイメージが可愛いのが特徴のDogecoinです。パロディとして誕生したこの仮想通貨は、独自の用途からコアなユーザーに支持されている通貨です。どのような特徴があり、どのような使われ方をしているのかをこの記事では解説しています。

Doge Is Helping Ethereum Solve Its Biggest Issue