仮想通貨マーケット上昇の期待から、韓国でBitcoinが12,000USDへ上昇

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


Bitcoinは、過去24時間で11,000ドルを超える大きな勢いを構築してきました。市場で最も支配的な仮想通貨が、力強い回復を見せ続けてきたので、仮想通貨マーケットのアルトコインの大半は、ビットコインに対して乏しいパフォーマンスを示しました。

米ドルに対して、ビットコインは2月17日から約8%増加し、11,200ドルを達成した。Aionのようないくつかのマーケットキャップの小さい仮想通貨通貨を除いて、ビットコインは市場で最も優れたパフォーマンスを示した仮想通貨でした。

世界規模でトップ20の仮想通貨全ては、過去24時間で対Bitcoin価格で下落を記録しており、Ethereumが5%の下落、Litecoinが7%、NEOが約8%の下落となっています。

1月を通して、仮想通貨マーケットは、ほとんどの仮想通貨が過去最高(ATH)から約70%減少するという、歴史上、最悪な価格修正を経験しました。2月上旬以降、仮想通貨マーケットは次第に回復してきていますが、堅牢なインフラストラクチャ、コミュニティサポート、およびネットワーク効果を備えた主要仮想通貨は、他のアルトコインよりも優れたパフォーマンスを示しています。

マーケットが回復を見せ始め、新しい投資家やトレーダーがこのマーケットに入ってくる、このリカバリー期間では、Bitcoinのような強力なネットワーク効果を持つ仮想通貨は、他のアルトコインよりもとても大きな利点を持ちます。仮想通貨の価格が下がるマーケットに慌てふためいたほとんどの投資家は、パニックと恐れのうちに去って行きました。

現在、このマーケットにいるほとんどの投資家は、FOMO(fear of missing outの略。「取り残される不安」という意味)を経験してきたか、今取り残される不安を経験しているかのどちらかです。したがって、FOMOが新たな投資家、特に高プロファイルと大規模な機関投資家を牽引しているとしたら、その投資はビットコインに行くことが考えられます。

投資アドバイザーのロス・ガーバー氏によると、ウォールストリートや大手バイヤーからのビットコインに対する需要は、過去1週間で増加している、とのことです。

「ビットコイン、11,000ドル。先日、巨大な投資管理会社と話をしていると、彼らが私に仮想通貨の質問をするまでに、それほど時間はかかりませんでした。メモをとり始め、コインは何をするのですか、どのように機能するのですか、と質問をしてきました。ビッグプレイヤーが注視していることを信じてください」とロスは語りました。

韓国

BithumbやKorbitを含む主要な仮想通貨取引所で「Kimchi Premium」が再度現れたため、韓国の仮想通貨市場では、Bitcoinやその他の仮想通貨の需要が増加しています。2月のある時点では、プレミアムは約2〜3%に過ぎず、12月のレートに比べるとかなり小さかっため、需要が欠如し、プレミアム・レートが消え去りました。

韓国は、EOSQtumCardanoEthereumRippleのようなアルトコインの重要な市場です。韓国の仮想通貨取引所マーケットは、世界的にはbitcoin取引の約6%しか占めていませんが、アルトコインの場合、最大の市場の一つになります。

UpBitは、100以上の暗号化をサポートする、韓国で唯一の仮想通貨取引所であり、バイナンス(Binance)の影で世界で第2位の仮想通貨取引所になります。

1月には仮想通貨マーケットが大幅に修正されたため、韓国市場のアナリストの大半は、マーケットが2月に回復し始めるとは考えていませんでした。しかし、ローカルマーケットでの需要はすでに増加しており、アナリストは今後数週間で世界市場にも反映されていくと予想しています。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Bitcoin Eyes $12,000 in South Korea as Demand For Cryptocurrency Market Rises