莫大な利益のために仮想通貨市場を搾取する企業たち ー おそらくあなたはそれを聞いたことがない

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


アメリカで従業員1人当たりの法定収益が最も高い仮想通貨関連企業は、どこでしょうか?それは、Coinbaseではありません。金融市場に定めて注視していない限り、おそらくその企業を聞いたことがないでしょう。

ここに、テックアドバイザリー会社のポストオークラボ(Post Oak Labs)の創設者、ティム・スワンソン(Tim Swanson)による答えがあります。前のR3の役員にTwitter上で彼が尋ねられものと同じ質問を尋ねました。

スワンソン氏は、「私は、多くのヘッドラインがあることを知っているが、明白な答えはこれである。つまり、Cumberland(DRW)、Jump、CircleなどのOTCサービスプロバイダーだということだ」と、最も傑出した仮想通貨機関投資家を参照しながら、答えました。

Circleは、家庭的企業の名前だと考えられる企業の1つであるので、これは読者を驚かすかもしれません。しかし、CIrcleは、OTC流動性プロバイダーとしての役割よりも、モバイルファイナンシャルサービスプロダクトで知られています。

これらの機関投資家は、収入を公開することはできませんが、毎月数十億ドル規模をひっそりと取引しています。昨年11月、2014年に仮想通貨業界に参入したDRW Cumberlandは、Circleのトレードウェブサイトが毎月20億ドル以上の処理すると広告を打つと同時に、仮想通貨マーケットは200億ドル規模のマーケットキャップに達した、と語りました。

結果的に、2017年に10億ドル以上の資金を集めたと報道されたCoinbaseほどの収入は得られていないかもしれませんが、Coinbaseをはじめとする個人投資家を対象とする企業は、はるかに大きなコスト問題に直面しており、そしてより大きなチームを必要としています。

12月、ニューヨークタイムズの記事によると、Coinbaseには、180人のカスタマーサポートの専門家がおり、同社は2018年第1四半期までにカスタマーサポートチームを400人に拡大したいと望んでいると報道されました。

一方、プロフェッショナルトレーディング部門は、一般的に小規模なチームを抱えていますが、依然として大量の資本を管理しています。JumpのBitcoinトレーディングチームは、わずか10人で構成されていると言われています。一方、Cumberlandはシカゴ、ロンドン、シンガポールの各オフィスに15人のチームを抱え、トレーディング部門を24時間体制で運用しています。

さらに、Coinbaseおよびその他の小売主体の企業は、常に不正行為や詐欺の標的にされている一方で、機関投資家のトレーディングデスクは、はるかに深いポケットを持ったKYC準拠クライアントの安定性が低く、たとえば、Circleは最小受注サイズを250,000ドルと記載しています。

これらの要因のため、スワンソンは、これらのトレーディングデスクが従業員一人当たり3,000万〜4,000万ドル相当の収益をもたらし、急成長を遂げている業界の稼ぎ頭となっていると見積もっています。

These Firms Are Milking the Cryptocurrency Markets for Astronomical Profits — And You’ve Probably Never Heard of Them