韓国の仮想通貨取引禁止の撤回にトレーダーが喝采

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

どうやら私たちは政府に勝利したようです。韓国政府の仮想通貨政策に対する何十万もの署名を集めた請願に対し、韓国政府が回答しました。そしてその見解は予想されていたものよりかなり良いものでした。

トレーダーは仮想通貨取引の全面禁止に対する準備を進めていましたが、そのように焦る必要はなかったと判明しました。韓国政府は仮想通貨取引所を認める方向に傾いているようです。

韓国は、関係が改善しつつある中国のようなアプローチを取らず、「ブロックチェーン技術の育成」の精神の下で、仮想通貨取引の重要な点を透明化することを選択しました。このことは、特に国民の意見に耳を傾ける政府の下で、国民が協力して努力することが何を成し遂げることができるかを示したものです。

韓国政府はビットコイン、取引、ブロックチェーンを密接につながったものと見ている一方でそれらを様々な視点からも見ています。政策立案者は仮想通貨取引に注目しています。

洪南基政策調整室長官はこの声明の中で、

「政府は常に市場状態や国際動向に密接で慎重なアプローチをとり、可能性のあるあらゆる手段を開かれたものにしていることを保証します」

と述べました。

韓国政府はまた、仮想通貨に関する不法取引活動に対する迅速な対応を約束しています。今回の声明には「仮想通貨取引の過程での違法行為や不透明性を無くすことが政府の基本方針です」と書かれています。

大統領への請願

先月、韓国政府は「投機を抑制すること」を意図していると述べ、これは取引所を閉鎖するための第一段階のように見えました。この警告はビットコイン価格の下落を引き起こしたのに加えて、市民からの反発を買いました。この反発は禁止に反対し「仮想通貨の不当な規制」を行わないよう政府に嘆願する請願書に、30万人近くの署名が集まったことに示されています。

大統領の支持率はその時のビットコイン価格と同時に落ち込み、青瓦台のウェブサイトを通じて文在寅大統領への請願が行われました。

世界中の政策立案者は、仮想通貨に対する様々な意見やその多くの側面に取り組んでいますが、1つだけ明らかなことがあります。韓国はビットコイン取引の大きな市場です。仮想通貨取引を受け入れようとしているように見える政府の見解は、韓国だけでなく仮想通貨市場全体の勝利です。

韓国の政策立案者は、匿名口座での仮想通貨取引を禁止するなどのいくつかの対策を講じており、デジタル資産にも課税する予定です。しかし、これらのステップは仮想通貨の全面禁止よりも合理的なものです。

CNBCが引用したCryptoCompareのデータによると、韓国のビットコイン取引量はここ数ヶ月間のビットコイン取引全体の12%を超えています。

Traders Cheer as South Korea Backpedals on Cryptocurrency Trading Ban