サウジアラビアの中央銀行、決済システムにリップル社の技術を導入

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

分散型元帳のスタートアップ(新規開拓事業社)であるリップル社は、サウジアラビアの中央銀行との間で、同国の銀行が同社の技術を試行するパイロットプログラムを打ち出しました。

今日発表された内容によると、サウジアラビア通貨当局の指導者は、第2中央銀行がスタートアップであるリップル社と協力することを表明しました。イギリスの中央銀行であるイングランド銀行は、昨年リップル社と協力し始めたのでこれはそれに続くニュースです。

サンフランシスコのBlockchain Connect Conference(ブロックチェーンに関する会議)でCEOのBrad Garlinghouse氏からのコメントを受けて、今週の初めにこの最新の取引の話題が出てきました。

「この画期的なパイロットプログラムは、中央銀行によって最初に打ち出される最初のものです。サウジアラビア王国の参加銀行は、xCurrentを使用して、国内に向けた支払いと国外へ向けた支払い両方を即座に決済し、より透明性の高く低コストな決済を実現します」

とリップル社は語りました。

サウジアラビアの銀行がxCurrentのパイロットプログラムを探すことは、他の著名な金融機関によるRipple製品への最近の関心を考えると、おそらく驚くべきことではありません。今月初めに、CoinDeskはSantanderが、xCurrentテクノロジーを使用するモバイルペイメントアプリ(リップル社のXRPトークンに依存しない)を展開する過程にあると報告しました。 そのリリースの初期市場はスペイン、ブラジル、英国、ポーランドが予定されています。

この発表は、アラブ首長国連邦のメジャーな送金サービス会社であるUAEエクスチェンジが、国際決済を管理するためにスタートアップであるリップル社のRippleNet製品を使用することに署名したというニュースが出てから1日後に出されました。

サウジアラビアのニュースとは別に、送金の大手Western Unionは昨日、リップル社の技術をテストすると発表しました。今日広報担当者によって報告された内容によると、同社はXRPを使った決済をテストしているそうです。

「我々は特に決済処理と運転資本の最適化を重視しています。またブロックチェーン機能の規制部分、コンプライアンス部分についても同様です」とWestern UnionのCEO、Hikmet Ersek氏は語ったとBloombergは報道しています。「そして我々はいくつかリップルとのテストを予定しています」

リップル社は、2015年にはWestern Unionと共に働いていたと語りましたが、この送金サービス会社は当時コメントしていませんでした。

リップル・XRP・Rippleはマイニングの仕方に特徴のある通貨です。リップルコインを手にするには採掘をするのではなく、「World Community Grid」というガンなどの研究開発に貢献することでXRPがもらえる仕組みです。

Saudi Central Bank to Test Ripple Payments Tech – CoinDesk