コインチェック、現金引き出しを再開し、顧客に401億円を支払い済みと発表

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

コインチェックは本日、引き出しの一時的な凍結を解除した後、顧客からの引き出し要求のうち401億円(3億7,200万ドル)の送金を完了したと発表しました。

コインチェックは、世界最大の仮想通貨窃盗の被害者になるという不名誉に苦しんでから数週間経ちましたが、本日引き出し取引を開始することで、顧客の日本円資金の一時的な凍結を解除することを約束しました。

本日の発表で、取引所経営者はこう述べました:

「日本円の引き出し処理を再開しました。 今日までに、今月11日午後3時までになされた約401億円の引き出し要求に対して、送金を完了しました」

この日は、日本の金融規制当局からの業務改善命令に対する回答としての最初の資料を提出しなければいけない日でもあったので、取引所経営者にとって忙しい火曜日でした。その中で、コインチェックは、盗まれたNEMの盗難に関する調査の詳細を概説し、顧客に適切なサポートを提供するためのチャンネルを導入し、システムリスクを管理するためのサイバーセキュリティ態勢を強化して、同様の盗難を未然に防ぐための新たな対策を導入すると説明しました。

コインチェックは、円預金の引き出しの一時的な禁止を解除する一方で、取引所に顧客が預金している仮想通貨の引き出しについて特定の日付を明らかにしていません。

仮想通貨の引き出しは、取引所が安全な管理システムを決定した後にのみ再開されると日経は報じています。 仮想通貨のオフラインストレージ(コールドウォレットストレージ)は、将来導入される可能性が高い方式です。

取引所は次のように述べています:

「われわれは、他の仮想通貨の送金を再開し、できるだけ早く賠償金支払いを開始するために、システムのセキュリティを確認し改善し続けています」

1月26日の劇的な記者会見で、コインチェックの役員は、当時5億3000万ドルに相当する5億2600万のNEMトークンが盗まれたという噂を認めました。3週間も経たないうちに、渦中のコインチェックはハッキングの犠牲者であった26万人のNEM保有者に払い戻しを約束する中で、迅速な回復を遂げています。

Bloombergのナカムラユウジ記者によると、コインチェックは、仮想通貨の引き出しを再開する前にNEM保有者が被った損失を補うことに焦点を合わせるようです。 より具体的には、コインチェックが顧客の損失を返済するために必要な資金を有しており、すぐに補償の日付が明らかにされるそうです。

Coincheck Clients Withdraw $372 Million; NEM Theft Refunds are Coming