Winklevoss兄弟「ビットコインの時価総額は4兆ドルになるだろう」

Translate this article into English

シェアする

向こう数十年でビットコインの価格は4,000%上昇し、時価総額はいつの日か4兆ドルに達する可能性があります。

Winklevoss兄弟「ビットコインの時価総額は4兆ドルになるだろう」

これはビットコインを長年購入しているCameron WinklevossとTyler Winklevossの兄弟による発言です。彼らはビットコインの価格が120ドルだった時に最初に投資し、最初の認定された「ビットコイン億万長者」になりました。

この双子の兄弟はしばしばビットコインを金と比較し、このデジタル資産が黄色の金属を崩壊させると予想しています。さらにCameron Winklevoss氏は、最近のビットコイン価格下落も彼の楽観的な予想を揺るがしていないと述べています。

Winklevoss氏は、先週の水曜日にMilken協会のMENAサミットで開かれたCNBC主催のフォーラムで

「ビットコイン単独で考えてみましょう…私たちはビットコインが金を崩壊させると信じています。お金の性質という点でビットコインは金より優れていると私たちは考えています。金を金たらしめているものは何か?それは希少性です。ビットコインの供給は実際に固定されており、これは希少性よりも優れています…より携帯性があり、代替性があり、より頑健です。これは全面的に金より優れた資産です。」

と語りました。

この評価に基づいて、彼はビットコインが金と同程度の時価総額になるだろうと述べました。金の時価総額は現在7兆ドルです。彼はビットコインの「潜在的な評価額は30から40倍」で、ビットコイン価格は320,000ドル以上になり、時価総額は最低でも4兆ドルに達すると予想しています。

Winklevoss氏によると最近のビットコイン価格調整は魅力的な購入のチャンスだということです。

「先週には時価総額が2,000億ドルになりそうだったのに今日の時価総額は1,000億ドルなので、これは購入のチャンスです。現在7兆ドルである金市場を見ると、ビットコインには30~40倍の潜在的な評価額があると私たちは考えています。多くの人々がビットコインを見始めており、彼らは多くの価値がある資産を認識しています。ですからここ数週間の価格変動にかかわらず、私たちはビットコインはまだ正統な評価を受けていない資産だと考えています。」

Winklevoss Capitalの共同設立者は、この時価総額の変動はもちろん一晩で起こるものではなく、今後10から20年の間に達成するものです、と注意しました。

批判は単なる「想像力の欠如」である

兄のTyler氏はCameron氏によるビットコインが金を崩壊させるという評価に同意し、さらに彼は最終的には仮想通貨が法定通貨を置き換え、機械間取引における第一の交換手段になると信じている、と付け加えました。

「仮想通貨は人間同士の取引では実は重要ではありませんが、機械間取引の経済価値という点では、機械間取引はビットコインやイーサリアムのようなプロトコルに接続されるでしょう。」と彼は語りました。

この技術の多数の用途を考慮すると、ビットコインに懐疑的な人々による批判的な分析のほとんどには根拠がありません、と彼は説明しました。

「ビットコインに関する批判は単なる創造力の欠落です。」と彼は結論付けました。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Bitcoin Market Cap Could Hit $4 Trillion: Winklevoss Twins