ハーバードの遺伝子学者、DNAベースのブロックチェーンスタートアップを開始

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Nebula Genomics社は独自の暗号通貨を持ち、遺伝子鑑定サービスの「Ancestry.com」やGoogleと協業した個人の遺伝子解析サービス「23andMe」とともにビジネスを行っている。ハーバード大学とMITの教授であるジョージ・チャーチ(George Church)教授は、遺伝他の遺伝子検査のライバル企業とは違う方針を取っている。

教授は、メンバーにゲノム配列解析に参加する動機を与えることでDNAを収益化するというブロックチェーン電子トークン応用システムを開発した。個人のDNAデータは、大手の製薬会社ではなく直接個人の手に渡るようにし、そうしたデータを研究の目的で共有し収益化するかどうかを選択できる自由を与えている。

Nebula社は、ブロックチェーン・スタートアップであるBlockstack社内に設立され、ブロックチェーンでのイーサリアム(Ethereum)スマートコントラクトにより運営が行われる。Nebula社の事業体は、個人が個人のゲノム配列とその関連データサービスへの決済用通貨であるNebula社電子トークンにより運営される。その一方で、データ購入者はDNAデータへのアクセス権を得るために法定通貨で購入できる電子トークンを行使する。

チャーチ教授の研究に基づいたネブラ・ゲノミクス社の手法は圧倒的な優位に立っており、ライバル会社のヒトゲノム解析企業をまったく寄せ付けない。

生物学的問題を解決する

ゲノムシーケンシングプロセスには数多くの利点があるが、その内の少なくとも1つは家族計画に関するものだ。全ゲノム配列解析は子供への遺伝的疾患のリスクを解明できる可能性がある。一方で、人々はDNA研究によって肝不全やがんなどの病気が悪化するのを防ぐ「予防的措置」を行う機会を得ることができる。

チャーチ教授のウェブサイトにあるように「わずかなデータ量・断片化と標準化の欠如およびデータ取得の遅れ」に関する科学的問題の解決を目指している。教授は、ブロックチェーンの分散化機能の利点を強調しています。これは、コストを削減しプライバシーを強化するだけでなく、個人メンバーのDNAデータが第三者の手に渡ることなく自分で所有できるようになる。

これまで、こうした企業のビジネスモデルでは、ゲノミクスデータの所有権は個人ではなく主にそれ以外のDNA検査会社や製薬業界の手に渡り、収益化か行われてきた。例えば、ベンチャー支援を受けた23andMeのようなネット店舗から個人がDNAキットを購入する。そうした個人の85%が自身のゲノムデータが研究目的で各機関で共有されすることに同意をする。個人は個人データの共有を許可するだけでなく、企業に所有権を譲ることもある。この例では、23andMeは製薬業界主導の研究を通じて収益を得ている。

しかし、DNA検査は人間のゲノム塩基配列解析のために数十億ドルから時には数百億ドルを費やし、世紀をまたいで長い道のりを歩んできた。Nebula社は$ 1,000ドルおよび300ドルの2通りのゲノムシーケンス商品を提供しており、同社によればそうした価格帯が「DNAシーケンス費用が下がるにつれ」安くなるとの予想を出している。

Nebula社は、パーソナルゲノムシーケンスは、「以前より進んだ診断、疾病予防および個人別に特化した治療」を推進する力がある。これを研究に応用すれば、DNAデータによってより詳細な分類システムと新薬開発が可能になる。白書の言葉を借りると「遺伝子データは数十億ドル規模の市場創出効果がある」。

チャーチ教授は、人とデータベースの間の「標準化されたデータを集約する」能力を科学者が有するオープンプロトコルを提唱する。ただ、彼が次期 ICOの発表を行うかどうかは不明だ。

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

Harvard Geneticist Launches DNA-Fueled Blockchain Startup