ブロックチェーン技術が石油・ガス業界に正式に参入

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Ethereumを拠点とするブロックチェーン技術が正式に主要業界に採用されて、石油・ガス企業に至っている。 しかし、石油・ガス業界は一般的に進展が遅いと考えられているが、2014年に始まった石油価格の低迷により価格が下がったため、ハイドロカーボン企業は急速なペースで適応して生き残っている。

別々の活動を1個所に

Ethereumを拠点とするプロジェクト開発者であるConsenSysとパリに拠点を置く現金自動取引会社Amaltoは、Ondifloと呼ばれるEthereumベースのブロックチェーンを共同開発している。 この合弁会社は、受注から現金処理までのデジタルソリューションを提供している。

デジタル化されたプロセスは、生産と輸送効率化、排出液量の正確な測定、正確な請求書作成、収益漏れの大幅な削減、コーディングエラー僅少化するなどの同じ環境内での生産向上への取り組みを改善する。

ペーパーからデジタルへ

設立後、Ondifloは米国の石油・ガス産業の中心地であるテキサス州ヒューストンに拠点を置く予定である。 同社は、Ethereumのスマートコントラクトを利用して、航空業界の上・中・下流分野の油田サービスコンタクト業務に関連する注文から現金へのプロセスを合理化し、強化するためのチケットベースの自動システムを開発する予定である。

これらのプロセスは、依然として物理的な書類の処理によって実行されている。 さらに、仕事の証明によるデータ検証もまた別の利点となる。 取引は日数でなくてほんの数時間で済むだろう。 さらに、エラーが発生する可能性のあるポイントの数を減らすことができる。 技術が確立され、そのプロセスが採用されると、企業は利益の増加に伴い全体的な効率の向上が見込まれる。

ConsenSysの創設者であるJoe Lubinは、ブロックチェーンの効力を要約する:

Ondifloは、石油とガスのサプライチェーン業界への最初のベンチャーの1つとして、ソリューションを提供する。すなわち、それはEthereumプラットフォームによって得られるものであるが 、すべての事業者とサービス会社は、電子化、自動化、およびデータと不変性の記録のシームレスな交換の恩恵が受けられる。 Ondifloは今なお現場発券や船荷証券のような手作業で行っているペーパーベースのプロセスに効率化をもたらそうとしており、それでブロックチェーンの準備は整っている。

買掛金を容易にする

石油・ガス業界では、企業は売掛金回転日数(DSO)の高い金利に対処しなければならない。 この期間は通常、注文日から支払い日まで約90日間である。会社は未払い金の回収が長引けば、資金繰りサイクル障害に陥る可能性が高くなる。 この場合、会社は顧客に対してクレジットで売却しており、高い債務返済利率を負っている。 DSO金利を扱うということは、金利が低すぎると、会社の信用度に厳しく、潜在的な顧客を失う可能性があるため、効率の良い処置が求められる。

Ondifloの次のステップは何か?

ステークホルダーの会議は2018年2月15日に開催される予定である。この会議が終了した後、合弁企業がOndifloをフォローして立ち上げる計画が立てられる。 この日の後に、更なる状況が表面化するだろう。

Blockchain Technology Officially Enters the Oil and Gas Industry