JPMorgan曰く:bitcoinは成長しなければならず、ブロックチェーンは脅威ではない

Translate this article into English

シェアする

JPモルガン・チェースがブロックチェーンに投資していると聞いて驚かれる方がいるかもしれない。JPモルガンの一銀行員からブロックチェーンのリーダーに転身したUmar Farooq氏は、JPモルガンがどのようにブロックチェーンを使っており、なぜbitcoinから距離を置かなかったのかを説明した。彼は今週始めにニューヨークで開かれたYahoo Finance All Markets Summit for Cryptoで講演していた。

彼は社内でブロックチェーンに「積極的に関与」しており、銀行内のさまざまな部門のチームが問題解決のソリューションとして分散台帳にますます関心を示している、と話した。Farooq氏はこのブロックチェーンビジネス部門のトップであり、bitcoinに対して想像以上に柔軟な態度を取っている。

彼は、銀行業はブロックチェーンは善でbitcoinは悪だと言うかもしれない、とする一方で、それが資産額で合衆国トップの銀行であるJPモルガンの世界に対する現在の見方だ、と述べた。「私たちは皆ブロックチェーンは善だと考えています。暗号通貨は悪だ、とまでは言いません。暗号通貨には課題がある、ということです」

大きな課題は顧客確認(know-your-customer/KYC)とアンチマネーロンダリング(anti-money laundering/AML)の規則に絡んでいる、と彼は言う。

「私が銀行や規制機関、中央銀行で会話した人は誰もが暗号通貨の潜在能力を認めています。しかし基本的に彼らは皆、課題には立ち向かおうとするものです。私は暗号通貨は悪だと言っているのではなく、暗号通貨にはなんらかの進化が必要だ、と思っているのです」

と彼は述べた。

タブー

その一方で彼はタブーに立ち向かうのを恐れなかった。彼の上司Jamie Dimon氏がかつてbitcoinの悪口を言ったとき、いくつかの見方を提案したのだ。

「私は彼が自分の非を認めたと思い、いくつか意見を述べました。彼は常に首尾一貫して暗号通貨とブロックチェーンをはっきり区別して考えています。暗号通貨に関しては、銀行業は現在この問題に直面していることを考えると、彼の意見はまったく時代に適ったものだと思います。多くの規制機関と会話してみても、彼らはおそらく同じような感情を抱くはずです」

Farooq氏はこのように述べた。

しかし彼はJPモルガンが近い将来にbitcoin関連の商品を展開して投資家に販売する計画があるとまでは言わず、「現時点ではみんなで研究しているところです」と述べるにとどまった。KYCとAMLを考慮した政策が策定されれば、「そのときには小口金融を扱う銀行はどうすべきか詳しく調べるでしょう」と付け加えた。

根本を覆す影響

その一方でJPモルガンは市場がまだ「初期段階」だった過去2年間ブロックチェーン技術を研究しており、EthereumベースのQuorumを開発した。QuorumはオープンソースでGithubで取得できる。Farooq氏は今のところブロックチェーン技術を脅威と見なしていない。

彼はブロックチェーンが特に取引当事者間の信頼に関わることから、銀行のビジネスのいくつかに「根本を覆す影響」を与えるだろう、と予想している。「信頼されている助言者がごたごたの中で果たす役割というものは常にあるものです」と彼は述べ、JPモルガンはインフラを提供したりデータの環境を整えることができる、と付け加えた。「常に役割はあるものです。ブロックチェーンは短期的には存在を脅かされるような脅威にはなりません」

ブロックチェーンがJPモルガンを引き付けていることは、ブロックチェーンを利用したメッセージング仮想ルームの利用者が1,500人に膨れ上がっていることからも裏付けられる。彼は、自分のチームは小規模で始まったが、今や社内のビジネスラインごとにブロックチェーン代表が置かれている、と述べた。そのような代表らはブロックチェーングループに問題を持ちかけ、データ転送や調停にブロックチェーンを使えそうな「気がする」のだが、と相談してくるそうだ。今ではこのブロックチェーングループは、決済や資本市場、保管といった業務に関わりを持っている。

「ブロックチェーンに対する私たちの基本的な取り組み方は、私たちは解決したい顧客の課題を考えている、ということです … 80%の確率でブロックチェーンはその解とはならず、結局はインフラの問題に行き着きます。しかし私たちはブロックチェーンが本当に良いソリューションとなる残りの20%の確率に着目しているのです。たくさんのソリューションが見つかるでしょう」と彼は述べた。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

JPMorgan: Bitcoin Must Evolve, Blockchain’s Not a Threat