上場廃止:香港の暗号通貨取引所、ICO発行者、規制当局の命令の取り下げ

Translate this article into English

シェアする

香港の証券監督当局は、国内の暗号通貨取引所の調査を、「有価証券」とみなされる暗号通貨の取引をしないように命じることにより、厳しく強化している。

香港の証券先物委員会が、初期コイン・オファリング(ICO)の販売を通じて提供されたいくつかのデジタル・トークンが有価証券とみなされるという発表に続いて、規制当局はいくつかの国内の暗号通貨交換所およびICO発行者に対して訴訟を起こした。

SFCは金曜日に声明を発表し、香港でまたは香港に関連して営業している7ヵ所の無名の暗号通貨交換所に対して、ライセンスなしで法律で「有価証券」とみなされる暗号通貨取引を行わないよう警告した。

香港の暗号通貨交換の数が日々の取引量で上位20位にランクされていることから、SFCは、交換事業者は、監視のもとで、そのような暗号通貨の取引業務を運営していないこと、または業務から関連する暗号通貨を取り除くなどの即時是正対策を講じたことを確認していると語っている。さらに、SFCは、法律上の「有価証券」の格付けを無視した取引所に対する懲戒処分および再犯者に対して警告した。

更に、監督当局は、7人のICO発行者に「大部分が規制に準拠していることを確認した」、あるいは「即時に香港の投資家にトークンを提供した」との手紙を送ったことも明らかにした。

更に監督当局は、

「SFCは引き続きICOを厳重に監視し、香港の証券法違反は容認しない」と述べた。

規制当局の摘発は、香港当局が暗号投資やICOにおける投資リスクを教育し警告するための公的キャンペーンを開始してから1週間以内に行われる。

SFCのエグゼクティブであるアシュリー・アルダー氏は次のように述べている。
「我々は市場を警戒し、必要に応じて実施する」、「 しかし、詐欺や疑惑のある資金調達を防止し、法律の遵守を支援するために、市場の専門家に適切なゲートキーピングを促す」

さらに、SFCは、規制されていない取引所に不換通貨または暗号通貨を保管することが、暗号通貨取引およびICO発行者に対する投資家の苦情を挙げて、ハッキングおよび管理不能リスクに曝されていると投資家に警告した。

SFCは、「香港との提携関係がないか、「有価証券」や「先物契約」である暗号通貨のための取引業務を運営していないと、暗号通貨取引所やICO発行者に対する管轄権を持たないかもしれない」と述べ、「 しかし、詐欺の疑いがあれば、SFCは、調査のために警察に事件を紹介できるようにしている」と付け加えている。

Delisted: Hong Kong Cryptocurrency Exchanges, ICO Issuers Back Down on Regulator’s Orders