ワシントンD.C.で初めてbitcoinで決済できる高級コンドミニアムが販売される

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ワシントンD.C.のコンドミニアム4棟が新たに販売されるが、その全額または一部はbitcoinで決済できる。Washington Post紙が伝えるところでは、このようなケースは不動産業者によるとワシントンD.C.で初めてのことだ。

豪華なコンドミニアム

販売されるコンドミニアムはシングルファミリー用をリフォームしたもので、ソープストーン造りのカウンター、間接照明、ステンレス製の据付家具、ホワイトオーク材の堅木張りフロアを特徴とする。

1階と2階のベッドルームが1つのコンドミニアムの価格は一つが569,000ドルまたは50BTC、もう一つは665,000ドルまたは59BTCだ。3階にあるベッドルームが2つのコンドミニアムは677,000ドルまたは60BTCで、ベッドルームが2つあるペントハウスは専用ルーフテラスが付いて949,000ドルまたは84BTCだ。

bitcoin建ての価格は交渉価格を反映させるため調整が必要になるだろう。

住宅仲介業者のVenditti社が語ったところでは、2015年に8,700ドル相当のbitcoinを持っていれば現在は300万ドルのビル全体を購入できるまでに値上がりしたはずだと建設会社は認識しているので、彼らはbitcoinに投資しているとのことだ。

ミレニアル世代は頭金となるお金を持っていないだろうが、bitcoinに投資すれば購入資金の一部として使えるようになる可能性がある、と同社は語った。

歴史を作る提案

Venditti社はこの4棟のコンドミニアムはワシントンD.C.で初めてbitcoinで決済できるものだ、と語った。同社は新しい技術の最先端に関わりたいと考えており、将来はbitcoinでの取引がさらに増えることを期待する、と述べた。同社のグループは社内の法務担当チームと権原会社に相談し、bitcoinで決済できることは確認している。

bitcoinで決済することに関心を持つ購入者は、bitcoinの価格は急激に変動するため取引ができる限り早く完了するように、追加の資金が必要になった場合はすべて承認する必要がある。

契約書には、購入者と販売者の双方が、提案受け入れの日と、bitcoinが購入者のウォレットから販売者のウォレットに移動する日でbitcoinの価格が変化するリスクを受け入れることを保証する条項が含まれている、とVenditti社は述べた。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Washington, D.C. Gets Its First Bitcoin Luxury Condo Listings