仮想通貨、EU監視機関の2018年アジェンダで最重要課題に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ヨーロッパ連合(EU)のセキュリティ監視の最高機関が仮想通貨を2018年の最重要課題の一つとして挙げた。

欧州証券市場監督局(ESMA)は2月7日に発表された最新の監督計画で、今後重点を置く主要5分野の概要を示した。

2018年の課題の一つは、当局が具体的に指摘しているように、仮想通貨とブロックチェーン技術を含めた金融革新の進展を監督することだ。

当局の話によれば、

ESMAはEU地域のセキュリティ市場では2018年も速いペースで金融革新が進展すると考えている。これらの進展はセキュリティ分野における開拓、取引、管理のやり方に影響を与えるものだ。仮想通貨のような金融媒体、ICOのようなプラットフォーム、分散台帳技術のようなツールの出現を受け、EMSAはそれぞれの実態調査に着手している。

特に、同監督局が監督計画に仮想通貨を盛り込んだのは初めてだ。これは当局が欧州地域における仮想通貨とブロックチェーン技術の発展に対し監視を強めていることを示唆している。

つい先月、当局は仮想通貨のデリバティブ取引に関する規制動向について一般からのフィードバックを求めていることを公表した。

また、最新の発表によれば、EC各国の中央銀行(総称してNational Competence AuthoritiesまたはNCA)もまたESMAの2018年の取り組みに追随し、ICOや仮想通貨などの経済革新分野に重点を置く予定だ。

Cryptocurrency Tops EU Watchdog’s 2018 Agenda