仮想通貨の禁止はインターネットの禁止と同程度には道理にかなっている

Translate this article into English

シェアする

1990年代初頭、インターネットの台頭は共産主義やソビエト連邦の崩壊と同時に起こりました。インターネットが普及しその有用性が増すにつれて、世界中で民主主義が栄えたことは偶然の一致ではありません。インターネットの潜在能力は国境を越え、世界の地政学的構造を変えるのに役立ちました。

しかしながら、インターネットの採用が拡大するにつれてインターネットの悪事への利用も多く現れだし、規制当局と政府の間で消費者保護に関する懸念が浮上しました。これは、ビットコインが薬物、銃、シルクロードに関連づけられていた仮想通貨の初期の時代とあまり変わりません。

インターネットの場合、それが国際社会を構築する上で果たす重要な役割を理解することなく、公務員や活動家は全面禁止を要求し始めました。幸いなことに、国とW3C(World Wide Web Consortium、Web技術の標準化を行う非営利団体)との協力により、1997年には電子商取引の世界的枠組みが作り出され、インターネットの採用と成長の道が切り開かれました。

Banning Cryptocurrency Would be as Sensible as Banning the Internet