仮想通貨取引所Binance、ハッキングによる取引停止を否定

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

香港を拠点とする仮想通貨取引所Binanceは、継続的なシステムアップグレードのせいでブラックアウトが続く中、金曜日まで取引を再開せず、また、顧客の引き出しを許可しないと述べました。

この停止によって、取引所がハッキングされているという懸念を引き起こしましたが、Twitterでこのようなコメントに応えたBinanceはこの主張に強く反対しています。

Binanceからの最新の声明によると、取引所は金曜日の午前4時に取引を再開する予定です。

同取引所は、「取引開始前にユーザーが公開注文を取り消すことができる30分の窓口を設けます」と述べました。「アップグレードが完了するまで、2時間ごとに更新を続けます」

取引所は、最初に、水曜日の取引停止についてTwitterに投稿し、その期間中にパフォーマンスが低下する可能性があることをユーザーに伝えました。

しかし、2時間後、チーフエグゼクティブのChangpeng Zhao氏は、サーバの問題によりデータが同期しなくなり、開発チームがマスターデータベースから再同期する必要があると述べました。その後のツィートでは、Zhao氏は整備が予定どおりに進まず、停止が延期されたと述べました。

Binanceは2017年の夏に最初に立ち上げられ、最近数ヶ月間に仮想通貨の取引量において最大の会場の1つになっています。Tech In Asiaの12月の報道によると、当時の取引量は日々の取引量で5億ドルもあったようです。

Binance Denies Hack As Exchange Halts Trading – CoinDesk