アメリカ合衆国連邦裁判所、約3,000万ドル相当のBitcoinを売却

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

アメリカ合衆国連邦裁判所は、さまざまな犯罪で押収されたおよそ3,613Bitcoin(執筆時約3,000万ドル相当)を売却しました。

犯罪捜査に関連して押収され失効した資産の売却を管理する当局の広報官は、木曜日にCoinDeskに、1月22日に行われた売却で合計5回の落札がされたことを伝えました。

匿名の落札者は1,600Bitcoin(執筆時に約1340万ドル相当)を受け取りました。残り4人の落札者はそれぞれ500、500、200、813のBitcoin(それぞれ4百万ドル、4百万ドル、160万ドル、670万ドル相当)を受け取りました。

2人の500Bitcoin落札者のうちの1人であるRiot Blockchainを除いて、落札者の名前は明らかにされませんでした。 Riotは自発的に、500Bitcoinを受け取ったと発表しました。

今回、当局は予想よりも100Bitcoin少ない量の販売をしました。

当局は、最初に1月11日に売り出しを発表し、その当時、約3,800弱のBitcoin、5400万ドル相当のBitcoinをオークションに出すとしていました。

Bitcoinが1月22日に売却されたとき、それらはおよそ4200万ドルの時価だったと思われます。

売却翌日、当局は62人の登録済み入札者から111件の入札を受けたことを確認しました。登録するには、各入札者は20万ドルを入金し、登録手続きを完了しなければなりません。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

US Marshals Successfully Auction $30 Million in Bitcoin – CoinDesk