デジタル資産のやさしい解説 第一回

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ブロックチェーンとデジタル資産はますます普及している。業界外の多く人にとって熱狂の裏側にあるものを理解するのは難しいことだ。適切なデジタル資産と結びついたブロックチェーン技術を採用することで、金融機関のビジネスのあり方を大幅に変えるメリットが生まれる。

Rippleの使命はブロックチェーン技術と、企業での利用を念頭に設計された唯一のデジタル資産であるXRPの両方を使って、国の壁を越えた決済に革命をもたらすことだ。過去5年にわたり、我々はブロックチェーンの採用と応用において最前線を歩んできた。そのため私たちがブロックチェーンについて理解してきたことを共有するのは当然だと信じる。

外国為替レートのデータ提供サービスと決済ソリューションの分野で世界をリードするOandaと共同で、我々はブロックチェーンとデジタル資産に対する興奮をより分けて、投稿の読者がこれらの技術や利点、課題、応用について理解できるよう、ソート・リーダーシップに関する一連の小記事を著した。

今回の第一回目の投稿では、なぜどのようにしてブロックチェーン技術が世界中の金融機関で採用されてきたのかを分析する。今回の投稿では、デジタル資産の事例と、特に今の金融機関はXRPをどのように利用しているのか、という点に着目している。より広範なB2B分野でのXRPの潜在的な利用例についても考察している。我々の知見と一連の投稿を読者と共有することは大きな喜びだ。投稿はこちらを参照してほしい。

リップル・XRP・Rippleはマイニングの仕方に特徴のある通貨です。リップルコインを手にするには採掘をするのではなく、「World Community Grid」というガンなどの研究開発に貢献することでXRPがもらえる仕組みです。

Demystifying Digital Assets Part 1