ブロックチェーン技術を応用した検索エンジンはGoogleに取って代わるか?

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

先週伝えられたところでは、Googleはブロックチェーン技術を応用する新興企業を世界でもっとも活発に支援する企業だ。2012年以降、Googleはブロックチェーン関連分野に140回、総額約12億ドルの株式投資を行った。ここで疑問が残る。なぜGoogleは直接自分の検索機能にブロックチェーンを追加してこなかったのか?

現在、Googleは検索市場を独占しており、デスクトップ端末の80%とモバイル端末の95%の検索を処理している。実際、Googleが処理する検索クエリは毎秒4万回を超えており、これは一日あたりで35億回以上、一年では1兆2千億回にのぼる。検索サービスはインターネットを基盤とする経済を大きく方向付ける事実上の「デジタル世界への門番」として、非常に影響力のある役割を果たしている。

しかし多くの人は、このように重要な役割は一つの会社だけに任せるべきではない、と考えている。一個の主体が仕切ると透明性の低いやり方で運用されるため、非常に厄介な問題を引き起こす。

「思い返してみると、ウェブとインターネットの当初の目的は、人間性の向上のために誰もが対等に参加できる中立で公のネットワークを作ることでした。しかし、今ではMicrosoftのSkype、AppleのFacetime、GoogleのDuoが利用できます。大企業は各々が同じようなサービスを提供しており、それぞれのサービスは自分の泡の中に閉じ込められています。このようなサービスは素晴らしいものかもしれませんが、インターネットが作られようとしていた夢のように楽しかった頃に思い描いていたものとはちょっと違います」Matthew Hodgson氏はTechCrunchへ寄稿した記事の中でこのように書いている。

Hodgson氏が言及しているコングロマリットはデジタルの世界を乗っ取っている。そのような企業は私たちのもっとも重要な情報や機密データへのアクセスを制御している。しかしHodgson氏は続けて次のように述べている。「ウェブをかつて思い描いていた姿に戻そうとする動きが興りつつありますが、その中にはウェブの誕生に関わった重要な人物も含まれています。この動きは分散型ウェブまたはWeb 3.0と呼ばれており、いかなる単一の「中央管理」組織にも依らずに機能するインターネット上のサービスを構築するというトレンドを言い表しています」

分散化されたブロックチェーンベースのシステムには、セキュリティや効率の点で中央集権型の保管庫が太刀打ちできない数多くの優位性が本来的に備わっている。

分散型インターネットはもはやSFやたわいないテレビ番組の中だけの話ではなく、現実のものになりつつあるのは避けられない。ブロックチェーン関連の新興企業がこの新しい分散型エコシステムの別の構成要素を構築しようとしているのを見ると、そのような企業は分散型経済の最大限の可能性を認識し始めているようだ。

Presearch社は分散型のオープンな検索エンジンを開発しており、「コミュニティのメンバーの利用度合いや貢献度、プラットフォームを推進したことに対する報酬としてPresearchトークンを与える」とのことだ。

Googleと異なり、Presearch社の分散型検索モデルは「コンテンツクリエーターが安定した環境で制作でき、どのデータを利用するかユーザーが選択できるような、透明性のある開かれたランク付けの要素」を利用する。この分散型ウェブのサービスはコミュニティ(ユーザー側)に開発する機会を実現し資金提供する力を与えることになるだろう。この規模のプロジェクトは検索市場を著しく混乱させることになるだろう。

ブロックチェーンの力を利用して分散型システムを構築する新興企業も同様に、既存の領域を混乱させる構えを見せている

Interplanetary file system、略称IPFSはフィンテック・コミュニティの大きな関心を集めている。最近Wiredに寄稿された記事には、IPFSの背景にあるアイディアはウェブブラウザにアクセスしたページのコピーを保存しておき、ウェブサーバーとしても機能させることだ、と書かれている。そうすると仮に本来のサーバーが無くなった場合でも、過去にそのページにアクセスした人は世界中の人とそのページを共有できることになる。

Wiredの記事によると、このモデルでは「発行する側は改善された回復力を手に入れ、読者の方では関心のある記事をサポートするようになります。結局、IPFSや他のグループ集団は、Facebookのようにいかなる集中管理型サーバーも不要な双方向型アプリを構築できるようにしたいと思っているのです」

消費者と企業がますます分散型経済を受け入れるようになると、どのプロジェクトが一番速く普及するかを見極めるのは興味深いものとなるだろう。世界のGoogleはブロックチェーンのような最先端の技術をすぐにでも大衆に広めようと、かなりの資金をつぎ込み続けている。レース開始だ。

Can a Search Engine Built With Blockchain Tech Replace Google?