ニューヨーク州、仮想通貨を扱う企業に市場操作等の不正対策を要請

Translate this article into English

シェアする

ニューヨーク州金融局(NYDFS)は、州の仮想通貨サービスを提供する企業に対し、不正行為や市場操作に対する保護対策を強化するよう求めています。

水曜日の声明で、数年前にBitLicenseの規制枠組みを策定した当局は、BitLicenseまたは州による送金事業の許可のいずれかを発行された企業向けの新しいガイダンスを発表しました。

新しいガイダンスでは、市場操作を含む「不正行為に関連したもの及びその類似のリスクが発生する領域の全ての範囲」を評価している書面がありますが、その書面の方針をこれらの企業は実施し、消費者や投資家をこれらのリスクから守るための手順を提供しコントロールを行う必要があると書いています。ガイダンスでは、仮想通貨を扱う企業が不正行為を調査し、調査の完了時に不正行為を解決するための措置をまとめた声明を出すよう指示しています。

Maria Vullo監督官は声明のなかで、

「仮想通貨市場が進化し続ける中で、DFSは仮想通貨企業に不正行為を防ぐための必要な措置を講じるよう指示し、市場操作についてさらに注意を払うよう指示しています」

DFSの新しいガイダンスは、2015年に施工が許可されたニューヨークのBitLicenseフレームワークをベースにしています。これは仮想通貨エコシステム(収益構造)内で議論の対象となっており、いくつかの著名なスタートアップ(新規分野事業)の出発を促しました。今日まで、州内でこのようなサービスを提供する正式な承認を受けた企業はほんの一握りです。

New York Mandates Stronger Fraud Controls for Crypto Companies – CoinDesk